Pocket

我が家にぴったりの色を見付けるには?

多くの方が悩むことになる外壁の色問題。

一度塗装してしまうと、この色はやっぱり違ったな…と思ったり気分が変わったりしても、洋服を着替えるように簡単に塗り替えることはできません。

色選びを行う際、業者も様々な方法でなるべく完成時に近いイメージを持ってもらおうと努力はしていますが、それでも思ったような仕上がりにならないことがあるのです。

そんな色選びであなたの理想とする色を見付けるにはどんなことに注意して色を決めていけばよいのでしょうか。

□色選びに関わる注意点

「色の見え方にも納得して工事は完了したけど、あっという間に色褪せして全然違うイメージになってしまった。」

次の塗り替え時期を迎える前に見栄えが悪くなってしまっていると「施工不良なのでは?」と不信感を抱いてしまうかも知れませんが、施工不良だけではなく選んだ色に原因があった可能性も考えられます。

いわゆる原色系の赤や青、緑、黄色などの色身が強い原色を使用して塗装すると、塗料の特性として色落ちしやすく色褪せが目立ちやすい傾向にあるのです。

先々色褪せをすることを考慮して家全体を原色系で塗装するのではなく、例えば1階と2階を分けるよう取り付けられている幕板や窓周り、部分的に異なるデザインのサイディングが使われてる部位などのアクセントカラーとして使用すると色褪せが極端に目立つこともなく、外観としてもお洒落な仕上がりになります。

また、「色見本を見て色を決めたのに見本と全然違う色になっている。」と感じる場合があります。

これは見本と違う色を使用したのではなく、色の特性により見え方にズレが生じているからなのです。

ひとつは面積効果と言われるもので、面積の大きさによって同じ色でも違う色に見えてしまう現象ですが、明るい色であれば面積が大きくなればより明るく薄い色に見えるようになり、反対に暗い色では面積が大きくなるにしたがってより暗く濃い色に見えるようになります。

色見本では数センチ四方の大きさでしか確認できませんし、家全体に及べば面積効果は大きく影響するのも当然です。

さらに同じ色見本でも見る場所によって色が異なって見えます。

室内で見た色と外の太陽光が当たっている場所で見た色、天候や時間帯、周りの風景など様々な要素が絡み合えば色の見え方に違いが生じてしまいます。

もうひとつは主にサイディングの場合、凹凸の模様による陰影や角度によっても色が異なって見えてしまうことが起きてしまいます。

□最後に

色を決める際にはあくまでも色見本やシミュレーションなどは完成イメージの参考であり、必ずしも全く同じ仕上がりになるものではないと言うことを押さえておけば、色の持つ効果などを考慮してスムーズに決められるかと思います。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket