Pocket

外壁にお洒落な模様を施す塗装ってないの?元々デザイン性に優れたサイディングを使っているお住まいの方が塗装時に「せっかくのデザインが塗装で塗りつぶされてしまうのが嫌。」と考えることは珍しくありません。

そのため元のサイディングを活かして色の付いていない透明の塗料で塗装を検討される方もいます。

しかしせっかくの塗り替えなら色を変えたいとも思うもの。

こうした場合、塗装で既存のサイディングのような模様を付けた塗装はできるのでしょうか。

□塗装で模様をつける

ズバリ、新たな模様を塗装で付けることは可能です。

例えば「意匠性塗料」と呼ばれる塗料は砂壁調、石材調、漆喰調などの高級感ある美しい模様を塗装するだけで付けることができます。

ハウジングコートでも取り扱っているアステックペイントジャパンさんのグラナートSPでは、ランダムサイズのチップと塗料の光沢が天然石のような質感を再現できますよ。

その他日本ペイントさんや関西ペイントさんなどでも意匠性塗料は取り扱っています。

また、エスケー化研さんで取り扱っているベルアートはコテや刷毛を使い、自由に模様を付けられます。

実現できるデザインの幅が広く、装飾性の高い壁面への塗装に向いている他、外観にこだわりたい場合には便利な塗料となっています。

ハウジングコートや他の塗装専門店でも基本的には手塗りでの塗装を行っていますが、この手塗りだけでは表現できない模様もあります。

それがリシンやスタッコと言った「吹き付け塗装」で、モルタルの外壁では採用されることも多い塗装方法です。

そして、サイディングの凹凸を活かしたデザイン塗装も多く取り入れられています。

2~3色の塗料を使い、サイディングにある凹凸部分の色に変化を付けることで外壁の印象も大きく変えることができる塗装になっています。

※現在あまり見ることはありませんが、ステンシルシールや手描きによる模様付けの方法もあります。施主様お好みの模様やイラストを外壁に取り入れることができるため、他のどんな住宅を見ても同じ家にはないオリジナルさを演出することが可能です。

□最後に

様々な模様の付け方をご紹介しましたが、中には取り扱っていない業者や塗装店もあります。

模様を取り入れた塗装を検討しているのであれば事前に業者に確認すると良いでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket