Pocket

我が家の屋根の形、知ってますか?

屋根はどうしても見上げて見える範囲でしか分からない上、普段気にする場所でもないため我が家の屋根の事はほとんど分からないと言う方は多いです。

中でも屋根の形に関してはみんな同じ形だと思っていませんか?

良く見てみると一軒一軒屋根の形は違っていて、それぞれの家に合わせた屋根の形になっていることがわかります。

我が家の屋根の形を知っているだけでも業者さんとの話がスムーズに進んだり工事成功へのポイントになったりしますので、今回は屋根の形について一緒に見ていきましょう。

□屋根の形と特徴

私たちが普段気にしないだけで、屋根の形は非常に様々なバリエーションに富んでいます。

代表的な屋根の形をいくつかご紹介します。

*切妻屋根

広く一般的に見られる屋根の形がこの切妻屋根です。

家の絵を描いてくださいと言われた時に自然と描かれる屋根の形と言えばわかりやすいかも知れません。

屋根の面が頂上部に対して2面ある形になります。

形として単純でさまざまな家のイメージや雰囲気に合わせることができ、まさに万能と言えるでしょう。

また、シンプルな構造のため棟や雨樋の数を抑えることができ、施工費用が安いことも特徴のひとつです。

*寄棟屋根

こちらもよく見られる屋根の形になります。

切妻屋根が2面だったのに対し、寄棟屋根は4面で構成されています。

台風の多い日本においては風の影響を全ての面で受けることができるため安定感があることや、屋根が4面で構成されているため、雨水などを分散させることができるのが特徴です。

屋根や雨樋への負担は減らせるものの通気性が落ちることや施工費用が高くなってしまう面もあります。

*入母屋屋根

上部は切妻、下部は寄棟の形状になっているものを入母屋屋根と言います。

日本家屋としての風合いを持っている屋根で人気があります。

切妻部分の壁から換気することができ、通気性に優れていることが特徴です。

ただし構造が複雑なため、雨漏りの危険性が高まるほか漏水が発生すると大工が絡む大きな工事になってしまうためメンテナンス費用が高額になってしまいます。

*片流れ屋根

太陽光発電の普及と共に屋根が1面で構成されている片流れ屋根がよく見られるようになりました。

デザイン性が高い外観に仕上げることができるため若い世代にも人気がありますが、たった1面の屋根で風や雨水を受けることになります。

雨樋へ流れる雨水の量も増えるため、雨樋の定期的な掃除や点検が必須になります。

□最後に

今回はよく見られる代表的な屋根の形を4つほどご紹介いたしました。

この情報を元に適切なメンテナンスを行いましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket