Pocket

相場より高い見積もりってどうなの?

外壁塗装はお金のかかる工事で100万円を超える場合が多いのですが、いくら高い工事だからと言って200万円や300万円にまで費用が及んでいるような塗装工事はまずないものです。

高額な見積もりには中間マージンを多く上乗せしているなどの悪質な要素が潜んでいる可能性が高いでしょう。

ただし、200万円を超える塗装工事が全くない訳ではありません。

なぜそのような見積もり額になっているのか、起こり得るケースを見ていきましょう。

□相場を上回る見積もり

普通の一戸建て住宅の塗装工事では200万円を超えるような工事はまずないのは事実です。

ですが、以下のようなケースでは200万円や300万円に及ぶ費用が必要となる場合があります。

*相場が元々高い業者

外壁塗装は塗装専門店のみならず、ハウスメーカーや工務店、ホームセンターまでもが行っています。

いわゆる自社職人の自社施工会社であれば外注などの人件費がカットされるため安価で行えるのです。

自社施工が出来ない業者に依頼すると紹介料や中間マージンなどの工事とは関係のない部分で費用が発生してしまうため高額な見積もりになってしまいます。

特に大手メーカーなどは何段階にも中間マージンが発生している場合もあるため、より高額な見積もりになっています。

ただし気を付けなければならないのは、中間マージンが発生すること自体は違法ではなく、すべての会社が悪徳業者と言う訳ではない点です。

どうしても中間マージンが発生してしまう仕組みで運営している場合は仕方のないことだと言えますが、問題なのはその中間マージンを適正に設定していないケースと言うことは覚えておきましょう。

*塗り面積が広い

現在の住宅の平均的な延べ床面積は約40坪となっています。

この平均的な住宅であれば最高グレードのフッ素塗料を使っても200万円を超えることはまずありません。

一般的なシリコン塗料を使用した場合で考えると、二世帯住宅などの面積の大きい住宅では200万円を超えるケースも出てくる可能性があるでしょう。

また当然ですが、建物の階数や外壁・屋根の面積が大きくなるアパートやマンションでは500万円を超えてもおかしくありません。

*塗料の価格が高い

通常塗料は3回塗りだとされていますが、中には4回塗りでないと使えないものもあり、更に意匠性の高い石調仕上げ塗料などは塗料自体の価格が高額になっています。

例えば日本ペイントで取り扱っている天然石模様仕上げ塗材の中には㎡あたりの単価が17890円に上るものがあります。

これを平均的な135㎡の家に当てはめると約230万円の費用がかかります。

□最後に

高い見積もりが一様に騙そうとしているものではないと言う面も見えたかと思います。

ですが、大幅な値引きやあなただけのような魅力的な言葉で迫るような業者にはやはり注意しなくてはなりません。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket