Pocket

塗料のシンナーが気になる方へ

外壁塗装では塗料を取り扱うため、どうしても嫌な臭いが発生してしまいます。

強い臭いもしますし苦手と言う方がほとんどで、中には体調を崩してしまうような方もいます。

特に小さな子供やペットがいる家庭では臭いの影響を心配するでしょう。

それだけではなく、工事中は近所の方にも迷惑がかからないかも不安になってしまいますが、塗料の臭いにどう対応すればよいのでしょうか。

□臭いの影響

外壁塗装に使われる塗料の中でも臭いがきついものは基本的にシンナーが含まれており、この刺激臭を吸う事で健康被害を引き起こす可能性は十分にあります。

厚生労働省も特殊健康診断や作業環境測定などを義務付けるほど危険な作業になっているのです。

シンナーが引き起こす健康被害の中には吐き気やめまい、頭痛などがあり、深刻化するとシックハウス症候群や呼吸困難などに陥る可能性があります。

これらは油性塗料に限った話ではなく、臭いが少ない水性の塗料でも全くの無害という訳ではありません。

水性塗料だからと慢心することがないように気を付けなければなりません。

また、こうした化学物質は呼吸でのみならず皮膚からも体内に入ってしまいます。

真夏の暑い日でも長袖長ズボンで職人が作業をしているのはそのためです。

そしてシンナーなどの化学物質は大人よりも赤ちゃんへの影響が強いです。

除光液に含まれている有機溶剤ですら赤ちゃんが中毒症状を引き起こしたと言う事例が存在するほどです。

しかしこれだけの危険性がありながらも外壁の塗装はいずれ行わなくてはならないものです。

□塗装もして健康を守るためには

なによりも有害な化学物質の量が少ない水性塗料を使用することがおすすめです。

基本的には油性塗料の方が性能が良いものですが、近年では水性塗料の性能も向上しているためまずは水性塗料での塗装を検討してみます。

それから専用のマスクを購入することも有効的です。

長時間に渡り着用することになるため防毒マスクよりも活性炭入りの不織布マスクでも十分でしょう。

それでも体が心配だという方や妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭の場合は工事の期間だけでも違うところに住むことを考えてください。

なにより塗料の臭いを気にする必要はなくなりますし、安全を第一に考えるのであれば検討しておくべきことです。

当然、別途費用がかかることですので、十分に検討するようにしましょう。

□最後に

外壁塗装をすると言うことは本当に大変な事なのです。

健康のことも考えつつ塗装が成功するように業者とお客様とで作り上げていかなければならないのです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket