Pocket

塗装工事をした人のリアルな声とは?

塗装は10年に1度やりましょうと言う話はよく聞くものです。

実際に新築時にされている塗装は比較的安価な塗料が使われているため、まず7年頃を目処に機能の低下が始まります。

そして10年が経過する頃には目に見える劣化症状が現れることが多いためこう言われています。

しかし大して深刻な状態じゃないから、と塗装をついつい後回しにしてしまう方もいらっしゃるかと思います。

これまでに塗装を経験した方はどれくらいの時期で塗装をしたのでしょうか。

□塗装を考えるのは10~15年

塗装に関するアンケート調査によると、新築時あるいは前回の塗装から10~15年が経過する頃には塗装について考え始め実際に塗装したという方の割合が最も高くなっています。

更に、遅くとも20年以内に検討、塗装する人の割合は半数以上になっています。

この事からも塗装業界で10年に1度が望ましいと言われている話がまさにその通りであることが言えます。

ただし、この数字はあくまでも目安であり建物がある環境などによって適切な塗装時期は変わってきます。

福岡を含む九州地方では紫外線が他の地域よりも強く、台風の影響も受けやすいため外壁や屋根の劣化は早い傾向にあります。

10年に1度だから、まだ傷んでないからと自己判断で済ませるのではなく定期的に我が家の状況は確認しておかなくてはなりません。

また、塗装を検討するきっかけになる理由は色褪せが最も多い結果となっています。

色褪せの症状をきっかけとした割合は半数以上に及び、日当たりのいいベランダの色褪せや家全体を見た時の違和感などから色褪せに気付いているようです。

次いでひび割れやコケ・カビの症状だと答えた方が多く、こうして劣化症状が目に見え始めた時には様々な機能が低下してしまっている状態です。

更に症状が進行してしまう前に早めの検討が大事だと言えます。

□工事依頼

塗装工事をお願いする業者の決め手となるのは人それぞれだだとは思いますが、大きく分けて「金額が予算に合っていた」「一番安い提案をしてくれたから」と言った金額型と「担当の方に信頼が持てた」「この会社ならきちんとやってくれると思う」と言った信用型のパターンに分かれるかと思います。

もちろんどちらも大切な要素ですので金額が自分に合っていて信頼ができる業者に任せたいと思うでしょう。

工事費用に関しては貰った見積りがその全てですが、会社や営業マンの信頼とは具体的にどのような事を指しているのかと不思議には思いませんか?

一言で信用と言っても難しいのですが、会社や営業マンを見るときには自分の意見や考え、イメージなどの構想が同じであることは大きなポイントかも知れません。

誰しも自分に合う人間と合わない人間とあるため、そう言った意味で自分と同じ価値観を持っている会社や営業マンは自然と人柄がピタリと合い、息も合ってスムーズに打ち合わせや計画を進めることができるでしょう。

□最後に

塗装を考え始めるきっかけはふとした気付きであることが多いようです。

そこからただそろそろ塗装時期だし…と漠然と塗装を考えるのではなく、自分のイメージを予めしっかり作っておくことが工事の成功にも繋がりますよ。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket