Pocket

軒天のチェック、していますか?

劣化症状が目に見えやすいのは外壁や屋根ですが、家には様々な部位があります。

軒天もその一つで、家を下から覗いてみると屋根の出っ張りが見えますよね。

この出っ張った裏の部分が軒天なのですが、外観を眺めてもなかなか目につかず劣化に気付かないまま…なんてことも。

特に軒天は劣化しやすい部位のため、これをきっかけに軒天のチェックをしておきましょう。

□軒天の重要性

軒天は住宅の外観を美しく見せたり、火災が発生した時には延焼を防いだり天井裏の換気の役割を持っています。

特に軒天に雨染みが発生していると天井裏の換気が十分に出来ていない可能性があります。

あまり目につかないから、とメンテナンスを後回しにしていると住宅全体の劣化が進んでいるサインを見逃してしまうことにも繋がります。

□軒天の劣化症状と危険性

外壁であれば色褪せをしてきた、チョーキングを起こしていると言った劣化症状がありますが、軒天の場合はどのような劣化症状があるのでしょうか。

*色褪せ

外壁同様軒天も色褪せをします。陰になっており直接紫外線の影響を受けることは少ないですが、地面からの照り返しによる色褪せは徐々に起こります。

*シミ

先ほどもご説明した通り、軒天にシミが発生している時は換気・排水がきちんとできていない可能性があります。

屋根が排水できていないと家の内部から軒天へと雨水が到達します。

つまり軒天にシミができている時点で雨漏りを引き起こす危険性は非常に高いのです。

*剥がれ

軒天には様々な材料が使われていますが中でも合板や化粧板の軒天に多い現象です。

表面だけ剥がれている場合や軒天の板まるごと剥がれている場合があります。

しっかりした塗装がされていないと塗膜剥離を起こすこともあり、見かけはボロボロになります。

*藻・カビ

シミ同様湿気や雨水が排水できていない場合に藻やカビが軒天で繁殖してしまいます。

*欠落・穴

古くなった部分が腐食を起こすと欠落してしまったり穴が開いてしまうことがあります。

こうした穴から小さな動物や虫などが入り込んでしまうことも。

□軒天の補修

目立った不具合がなく、塗装のみで保護が可能な場合には塗装メンテナンスを行います。

塗装では保護ができないほど劣化している場合には軒天の板ごと交換する必要があります。

破損や欠落などが一部のみの場合でも全面的に取り替えておくと、耐久面も期待できますしなにより一部だけが新しい状態だと既存の部分との劣化スピードが変わってしまうため、メンテナンス時期もずれてしまいます。

□最後に

家は様々な部位から成り立っていて、そのどれもがそれぞれに重要な役割を持っています。

全ての部位をしっかりメンテナンスして大切な我が家を維持していきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket