Pocket

外壁塗装で得られる効果とは?

外壁塗装を行う理由として最も多いのは汚れが目立ってきた、色褪せをしてきた、などの劣化症状を改善するためです。

中にはイメージチェンジをしたいという方もいますし、あまりよくない理由だと無理やり契約をさせられたからという方もいます。

しかし、外壁塗装を行うと修繕以外の効果が得られることを知っていますか?

□断熱による光熱費の削減

「断熱は断熱専用の塗料があるんじゃないの?」

とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、もちろん断熱効果を得ようと思った場合には断熱塗料を使うことが最善策です。

ですが、そもそも外壁と言うのはあらゆる自然のダメージを家の内部に侵入させないためにあります。

外壁は雨や風にさらされ続けた結果、目で見ることのできない無数の傷が砂ぼこりなどによってついてしまいます。

こうした小さな傷からも室内の温度は左右されているとも言えます。

塗装をすることでこれらの傷を覆うことができ、夏の暑い空気や冬の冷たい空気を遮断することができるのです。

その効果はわずかかも知れませんが、断熱塗料を無理に使わなくても塗装するとしないとでは大きな差が生まれるでしょう。

□防カビ効果

カビは気管支に入り込むことで喘息の原因になると言われていますが、それだけではなくシックハウス症候群の原因になるとも言われています。

また、外壁にコケやカビの緑色がついているとそれだけでも外観を損なってしまいます。

雨が降りやすく梅雨もある日本の気候はどうしてもコケやカビが発生しやすい環境です。

外壁のみならずコケやカビは室内へも侵入してきます。

塗装工事では防カビに加え、防藻や抗菌効果も得られる場合があるため塗装で外壁を守りつつ安全性にも富んだ予防策と言えるでしょう。

特に光触媒の塗料で塗装をすれば防カビ効果を得ることができるでしょう。

簡単に説明すると光触媒の塗料は雨によって汚れを浮き上がらせて太陽の光でその汚れを分解する仕組みになっています。

光触媒の塗料はカビやコケだけではなく、排気ガスやほこりも防ぎ、静電気を抑えてくれる効果まであります。

□最後に

外壁塗装はただ色を塗り替えるだけでも劣化を補修するだけでもありません。

こうした劣化症状を補修しつつ何年先もあなたが安心して快適に暮らせるようお届けしているものなのです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket