Pocket

遮熱効果をより高めたい時には?

年々夏の暑さが厳しくなっています。

節約のためとエアコンに頼らない生活をしている方もいるかもしれませんが、無理をした結果熱中症になってしまっては意味がありません。

どうにか室内の温度を下げる方法はないのでしょうか。

□熱は屋根から

日光がよく当たる屋根は熱の影響を受けやすく、特に2階部分には熱がこもってしまいます。

もし、塗装で室内環境を整えようと考えるのであればまずは遮熱塗料を使うことを考えるのではないでしょうか。

遮熱塗料は平均して2~5℃室内の温度を下げることが出来ると言われています。

室内の温度が低い状態であれば冷房の負荷が減り、電気代を節約できます。

しかし、これだけでは遮熱の効果を最大限に発揮しているとは言えないのです。

□色によって効果が違う

みなさんも経験があるかと思いますが、白い服と黒い服を着た時、より暑く感じるのは黒い服ですよね。

同じことが塗料にも言えます。

そもそも遮熱塗料とは熱の原因である日光を反射することで屋根の温度を下げています。

そしてその反射効率が最も良いのが白色なのです。

ならば屋根を白色に塗ればいいのかと言えばそうではないですよね。

白色の屋根はどうしても目立ってしまい、また、汚れも目立ってしまいます。

では、どうしても屋根に白や明るい色を使いたい場合にはどうすればいいのでしょうか。

□より効果を高めるには

白色を使うのは目立つし言えに合わないと言った場合には無理に白色を使うのではなく、グレーのような中間色を使うとよいでしょう。

少々のグレーであれば十分に遮熱効果が期待できます。

また、白黒に捉われないのであれば淡いオレンジやグリーンでも同程度の遮熱効果があるため、色で悩んでも安心です。

その他屋根の色を高さによって変える方法もあります。

1階と2階の間にある下屋根は家の前を通る歩行者などからもよく見えるため、この部分を濃い色で塗装して、一番上にある大屋根部分は明るい色で塗装するのもおすすめです。

日光は大屋根によく当たるため、下屋根の色を濃くしたからと言って極端に遮熱効果が損なわれることはありません。

□最後に

これから先もどんどん夏の暑さは厳しくなっていくでしょう。

白色の屋根はデメリットもありますが上手く使うことが出来ればきっと快適な暮らしが待っています。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket