Pocket

レンガの外壁の家に住みたい!

レンガの家と言えばおとぎ話「3匹のこぶた」でオオカミの猛攻を防いだ丈夫な家でもお馴染みです。

その他にも断熱性に優れ、メンテナンスを頻繁に行う必要がなく、またおしゃれなことからも人気がある外壁です。

しかし、レンガ造りの外壁とは実際にはどのようなものなのでしょうか。

□実はレンガ造りの外壁の家はほとんどない

ご近所を少し見て回るだけでもレンガの外壁の家を見かけるかと思います。

しかし、現在の住宅における約80%ほどはサイディングの外壁で、次いでモルタル、ALC、タイル張りと続き、レンガを含むその他の外壁材は約1%程しかないのです。

つまり、レンガに見えていたあのお家もこのお家も全部サイディングだったのです。

□レンガの風合いを出す3つの方法

本物のレンガを使うことの他にレンガの風合いを出す方法はあります。

*レンガ調サイディング

レンガ調サイディングを使うのは最も気軽にレンガの風合いを出せる施工法です。

ただし、サイディングの仕様上ボードとボードの間にはコーキング材を用いなくてはならないため、選んだサイディングのよってはコーキング部分が目立ってしまうことがあります。

また、塗装メンテナンスを行う場合は色がついた塗料で塗装してしまうとレンガ特有の模様が塗り潰されてしまうため、リフォームの際はレンガの模様をどうするか計画しておきましょう。

*レンガ調タイル

レンガ調サイディングと違い、本物のレンガと同じようなサイズでレンガの風合いを持ったタイルです。

施工も本物のレンガと同じように壁面に張り付けて行うため、本物のレンガのような外壁に仕上げることができます。

サイディングとは違いそれぞれのタイルが独立しているため、配色を変えて模様を作ったり、部分的に傷みが派生した場合はその部分だけを張り替えることができます。

*本物のレンガ

本物のレンガのレンガにはやはり本物特有の奥ゆかしさや雰囲気があります。

しかし、高温で焼き上げられているため耐久性も非常に高いのですが、そもそも本物のレンガを施工できる業者が少ないのです。

更に、本物のレンガは外壁全体の負荷が大きく、地震の多い日本では簡単に崩れてしまう可能性があるのです。

また、どうしても本物のレンガは施工費用が高くなってしまうため、完璧な質感にこだわりがない場合はレンガ調タイルが十分にあなたの希望を叶えてくれるでしょう。

□最後に

レンガの風合いがある外壁にしたい場合は、仕上がりや予算などのこだわりを業者に伝えて納得できる外壁を作り上げていきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket