Pocket

塗装店が語るホントの話!

「色んな業者から話を聞いたけど、言ってることがどこもバラバラ…どれを信用したらいいの?」

外壁塗装に限らず、こんな経験をしたことはありませんか?

企業や業者によって方針も違うため、それぞれの意見が分かれてしまうことはよくあることなのですが、お客様にとっては混乱を招いてしまうことですよね。

この点はお客様がもっとも納得できるものを選ぶほかありませんが、10の業者に聞けば10の業者が同じ回答をする項目があります。

つまり、業者が口を揃える回答は外壁塗装において抑えておくべき内容なのです。

□抑えておきたいポイント

例えば、使用する塗料についてはそれぞれどのメーカーは信用できない、この塗料をオススメしていますなど、業者によって言うことがまるでバラバラです。

ですが、以下の内容はほとんどの業者で意見が一致しています。

*「工事はすぐにできます!」

現場調査に来てもらって、見積を貰い、契約になればその後はすぐにでも工事に取り掛かってもらえるものだと思ってしまいます。

しかし、なんでもそうですが人気のお店というのは予約が何か月も先まで埋まっているものです。

それは外壁塗装店でも同じで、人気(実力や評判も)の高い塗装店は1か月程度待つことが多いのです。

つまり、「すぐに」「いつでも」という会社は少し疑い、また、「職人が待機しています」というのは下請け業者のことを指している可能性もあるので注意が必要です。

*事前に見積書を用意している

現場調査を行うことなく、初回の訪問時に見積もりの説明を始めることはあり得ないことです。

事前に図面を渡している場合には確かに寸法から塗面積を正確に出すことは可能かもしれませんが、それだけでは家が実際にどれだけ傷んでいるかはわかりません。

劣化具合によって塗装の対応も変わってくるため、例え事前に図面を渡しているからと言っても、いきなり見積書を渡されるようなことがあれば丁重にお断りしましょう。

*来店を拒否する業者

実際の工事は下請けに出している、いわゆる営業会社であるかそれとも自社に職人を抱えている会社なのかは簡単にはわかりません。

業者の事情を知る近道は来店することです。

塗装店であれば来店する意思を伝えると「色んな資料を揃えてお待ちしております!」などと言った前向きな返答が来るでしょう。

「わざわざ来店するのが面倒だから打ち合わせも来てもらってるのに!」

と思われるかもしれませんが、まさにこれが営業会社の思うつぼであることは頭の片隅でもいいので置いておいてくださいね。

*塗り回数≦塗った量

どの塗装店も3回塗りで安心、と言ってますよね。

しかしここで気を付けていただきたいのは、例え3回塗りでも塗料を薄めて3回塗るのもたっぷりの塗料で3回塗るのも塗った回数は同じだという事です。

もちろん大前提は3回塗りなのですが、それは適正な量を使用した場合での話。

見積もりを確認して、どれだけの塗料を使うことになっているのか、きちんと既定の量を使っているのかを確認しておく必要があるのです。

□最後に

外壁塗装業界はトラブルの多い業界の一つです。

こうしたことを踏まえて、ご自身の塗装の成功に繋げてくださいね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket