Pocket

塗装をトータルコストで考える塗装工事は1回あたり約100~150万円ほどの費用がかかり、出費が痛い…と誰しもが思うものです。

そして出来るだけ安い工事を求めてしまいます。

しかし、価格には価格相応の理由があるため費用面ばかりを気にしていると取り返しのつかないことになることもしばしば。

塗装工事に失敗した理由としても挙がりやすい費用に関して、もう一度確認してみましょう。

□費用と塗り替えサイクル

塗料は大きく4種類に分けることができ、それぞれ価格と耐用年数が変わってきます。

基本的には塗料の値段が高くなるほど高性能の傾向にあるため、耐久性も高く、塗り替えのサイクルも長くなります。

1回の塗装にかかる費用とサイクルは以下の通りです。

・アクリル塗料・・・60万円、5~6年で塗り替え

・ウレタン塗料・・・70万円、7~10年で塗り替え

・シリコン塗料・・・100万円、10年で塗り替え

・フッ素塗料・・・140万円、15~20年で塗り替え

□40年後までにかかるトータルコスト

*アクリル塗料の場合

塗り替えは9回行い、トータルコストは540万円。その後は45年目に再塗装になります。

*ウレタン塗料の場合

塗り替えは6回行い、トータルコストは420万円。その後は45年目に再塗装になります。

*シリコン塗料の場合

塗り替えは5回行い、トータルコストは500万円。その後は50年目に再塗装になります。

*フッ素塗料の場合

塗り替えは3回行い、トータルコストは420万円。その後は60年目に再塗装になります。

仮に最初の塗り替えから40年後まで同じ塗料で塗り替えを続けた場合、トータルコストに約100万円以上の差が出ることになります。

ここでウレタン塗料とフッ素塗料のトータルコストに差がないように見えますが、その後の塗装時期を見てみるとウレタン塗料は再塗装までの期間が短いため、フッ素塗料の方がお得になると言えます。

塗装工事は自分だけのものではなく、騒音や臭いなどで周囲の方への配慮も必要になります。

安く済ませたいからとアクリル塗料で塗装を繰り返してもトータルコストでは高くなりますし、塗り替えの回数も増えるためお互いがストレスになることも。

塗り替えも手間のかかることなので回数が少ない方がうれしいですよね。

□1年あたりのコストで考える

トータルコストと同時に1年あたりにかかるコストも見ていきましょう。

先ほどご紹介したトータルコストと次の塗り替え年数を元に1年あたりのコストはアクリル塗料で12万円、ウレタン塗料で9.3万円、シリコン塗料で10万円、フッ素塗料で7万円になります。

1回に必要な費用はフッ素塗料が一番高いですが、こうした数字で見てみると総合的にはフッ素塗料が一番お得であるとも言えます。

しかし実際には、耐用年数よりも早くに劣化してしまい塗装時期が早くなってしまうことも起こり得るため、非常に難しいのが現状です。

□最後に

もちろんトータルコストで見れば確かにお得、と言えても今払うには高すぎるという事も言えるので、状況に合わせて塗料を選んだり塗装に向けて日々貯蓄を行っておくとよいでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket