Pocket

塗装工事に事前準備は必要?

いよいよ工事が差し迫ってきた!というタイミングで、後は塗装されるのを待つだけ…と思っていませんか?

そんなことはありません。工事が始まるまでに私たちがしておくべき準備があります。

塗装工事は業者に任せっきりでは上手くいかないのです。

工事が気持ちよく進むためにも工事前に行う準備を見ていきましょう。

□近所への挨拶

塗装工事が始まる前、に行っておくこととして最初に挙げられることと言えば近隣への挨拶でしょう。

塗装工事が始まれば、足場の組立ての際の金属音や電動工具の騒音、塗料の臭いなどが発生します。

場合によっては高圧洗浄の水が飛散して迷惑をかけることもあります。

ですので、事前周知として近隣への挨拶を行うのですが、近隣への挨拶は業者が行ってくれる場合があります。

こうした場合でも、両隣や正面の住宅の方にはご自身の足で挨拶に伺った方が良いかも知れません。

□荷物の片づけ

塗装工事をする際には足場を組むことがほとんどです。

その足場は外壁から約1メートルの範囲で組まれます。

もしこの範囲に大きな物置があればそのまま足場を組むことができないため、移動や片づけをする必要があります。

ただし、物置は重量があり移動させることが難しいため業者に移動をお願いする形になります。

その際物置の中身を整理して片づけておくと業者の方も移動をスムーズに行うことができます。

また、外壁に近く、移動が難しい植物などに関しては布やビニールで覆って養生をします。

外壁付近に植えられている植物は一時的に鉢に移し替えるなどの対策を行うこともあります。

鉢植えで育てている植物も、塗料が飛散する可能性がありますので大切な植物であれば移動しておくとよいでしょう。

どのような手段を取る場合でも業者の方とよく話し合い方針を決めましょう。

□車

車庫が外壁に近い場合は、足場組み立ての障害になるため移動をお願いされることがあります。

また、こうした場合は工事中に塗料の飛散やアクシデントによる損傷などを防ぐため、工事期間中は別の場所に駐車スペースを借りなければならないケースもあります。

□最後に

こうした事前準備を行わないと、外壁だけではない大切な所持品に傷が付いたり、塗料が付着してしまう恐れもあるのです。

トラブルの原因になることもありますので、お互いが気持ちよく工事を終了させるためにも私たちにできることは積極的に行いましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket