Pocket

雨戸の塗装も欠かさずに

窓ガラスの保護や防犯設備としての役割を担っている雨戸。

雨戸も外壁と同様に、メンテナンスをしないままだとどんどん劣化が進行していきます。

しかし外壁とは違い、雨戸は塗装する重要度が低いと認識されがちです。

今回は忘れがちな雨戸の、その重要性についてご説明いたします。

□雨戸の役割

雨戸は大きく分けて台風や紫外線、大雪などの「自然災害」と外部から窓を割って家の中に入ろうとする「侵入者」の2種類による外的要因が住宅に危害を加えます。

雨戸を定期的にメンテナンスすることで、これらの脅威から住まいを守ることに繋がります。

*窓ガラスを守る

台風や強風が起こると、風によって飛ばされた空き缶や傘などの飛散物が窓にぶつかって窓ガラスが割れてしまうことがあります。

窓ガラスが割れると雨風や虫などが室内に入ってしまうほか、防犯性も格段に低下する恐れもあります。

また、ガラスが割れた際窓の側にいた人にガラスが当たったり、飛び散ったガラスを踏んでけがをしてしまう可能性もあり、非常に危険であることが言えます。

雨戸はガラスよりも丈夫ですので、雨戸で窓が覆われていれば多少の飛散物であれば雨戸が割れることはありませんし、ダメージもへこみなどの最小限のものに抑えることができます。

*侵入を防ぐ

雨戸は建物の防犯性を司る重要なパーツになっています。

警察庁の調べでは、平成30に起きた戸建て住宅の侵入窃盗におけるガラスを割って侵入した割合は、全体の約37%にも上っています。

基本的な戸締り・施錠での対策やピッキング防止対策だけでなく、窓ガラスに接触させないためにも雨戸の設置が防犯性を高めることに繋がります。

□雨戸の塗装忘れには注意!

雨戸も紫外線や雨風によりダメージを受けています。

適切なタイミングでの塗装や補修、交換といったメンテナンスが必要です。

*金属製の雨戸はサビに注意

通常鉄部の表面は錆止め塗装で保護されていますが、外壁と同様に塗料が劣化すると剥がれやチョーキングなどが発生し防水性が低下します。こうした症状が発生すると内部の鉄に雨水が当たることでサビが発生してしまいます。

*雨戸だけの塗装でも足場が必要

外壁塗装と一緒に行わずに雨戸のみの塗装を行った場合、高所での作業になるため足場を設置することになります。雨戸塗装に必要な部分だけの足場は約20万円ほどになると考えられます。

また、定期的なメンテナンスを行わずに雨戸の交換をしなければならなくなった場合は1箇所につき約20万円ほどの費用が発生してしまうため、定期的なメンテナンスで雨戸の耐久性を上げておくことが長持ちの秘訣になります。

□最後に

雨戸も付帯部の一つですのでよほど深刻なダメージが発生していない限りは塗装を行わない業者もありますので注意しましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket