Pocket

手抜き工事!?こんなところも手抜きしているかも

高額の工事費用を払って塗装工事は行うものですから誰しもが失敗なんて絶対にしたくないもの。

しかし塗装業者やリフォーム業者の中にはお客様のことより自分たちの利益だけを考えて工事を行うところもあるのが実情です。

そういった業者を一般的に悪徳業者と呼ぶのですが、今回はこうした悪徳業者が行う手抜き工事のパターンをお話いたします。

□ありとあらゆる場面で手抜きをしようとしている

手抜き工事は材料のコストや職人のコストを落とし、自分たちの利益を少しでも多く得ようとしているために起こります。

では、手抜き工事と聞いて思いつく手口はどのようなものでしょうか。

多くの方は作業工程を減らしたり、塗料を薄めると言ったものを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし実際はもっと多くの場面で手抜き工事を行おうとしているかもしれません。一体どのような手口で手抜きをしようとしているのでしょうか。

*足場

塗装工事において足場の設置は欠かせません。

足場に対して手抜きを行うと職人が作業に集中できなくなる可能性があるほか、足場の金具が住宅を傷つけてしまう恐れもあります。

手すりを付けなかったり、経験の浅いアルバイトに足場を組ませることでコストカットを図っています。

*飛散防止ネット・養生

どちらも塗料が飛び散ったり周りを汚さないために行うものです。

特に養生は簡単そうな作業に見えるかもしれませんが、汚してはいけない部分を綺麗に覆わなくてはならないため手間がかかる作業です。

この作業を行わなかったり雑に行うことで人件費はカットされますが、窓枠やインターホンなどが汚れてしまう可能性が高まります。

*高圧洗浄

塗装を行う前には高圧洗浄機で隅々まで洗浄するのが基本です。

汚れたまま塗装を行うと、外壁と塗料の密着が悪く、早期での剥がれや浮きなどのトラブルが発生するリスクが高まります。

高圧洗浄の後は外壁が濡れた状態になるため、その後塗装作業を行うことができずこの工程を省く業者もいます。

*下地処理

主に外壁の欠けやひび割れなどの補修を行い、塗装面は平らにしておきます。

この作業をいい加減に行ったり、まったく行わなかったりすると仕上がりに不自然な凹凸ができてしまいます。

*塗装

塗料は既定の量の水やシンナーで薄めて使う必要があるのですが、適当な量で薄めたり必要以上に薄めたりすることで塗料のコストを抑えようとしています。

また、塗り回数を減らしたり各工程で乾燥時間を十分にとらないなど様々な手抜きを行います。

 

その他にも悪天候でも作業を続けたり、スレート屋根の場合には行わなければならない縁切りの作業を抜くことで人件費や材料費を押さえようとする業者もいます。

□最後に

手抜き工事をされると私たちにいい事は一つもありません。

思ってもみなかった部分で手抜き工事をされている可能性もありますので、出来る限り工事の際には立ち会いたいものですね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket