Pocket

屋根にコケが生えるのは危険!?

湿気が多い場所に発生するコケ。

「屋根は太陽の光を浴びてるからそんなに湿気は溜まっていないんじゃないの?」

しかし、屋根でも日の当たりにくい面があるお家もあります。そういった場所は湿気が溜まり、コケが発生する環境が整っていると言ってもよいでしょう。

さらに、すべてのコケが太陽光を嫌うわけではないので、たとえ日当たりのよい屋根であってもかえってそれがコケの発生を手助けしてしまっているかもしれません。

今回は屋根に発生するコケの危険性についてお話いたします。

□なぜコケが生えるのか

コケは胞子で繁殖します。この胞子が空気中を飛んでおり、屋根などに付着して水分を吸収することで発生・繁殖をします。

では屋根で繁殖してしまう原因はなんでしょうか。

*屋根の防水効果が切れている

コケが繁殖する大きな理由は水分を蓄えている環境があると言うことです。特に防水効果が切れている場合、雨が降った時にその水分をたっぷり吸収します。こうした場所にコケが付着するとコケの温床になってしまいます。

そもそも防水効果がしっかりと発揮されていればコケが付着しても雨で流れるため、繁殖できないのです。

*日当たりが悪い

水分がある場所で繁殖するコケは、日当たりが悪くじめじめした環境を好みます。

屋根のなかでも北面は日が当たりにくい場合があり、コケが発生する可能性があります。

 

そのほかにも近くに森があるとコケの胞子が沢山飛んでいるためコケが発生しやすかったり、スレート屋根だと7~10年ほどで防水効果が切れ始めるためスレート屋根であれば大抵のお住まいは発生してしまいます。

□屋根のコケはなぜ危険?

結論から言うと屋根材自体が劣化してしまうためです。ですのでコケを見つけたら早めの対策が必要です。

屋根にコケが発生するとどのようなことが起こるかと言うと以下の症状が起こる可能性があります。

・屋根が脆くなり、割れる

・雨漏りをする

・家の内部が腐食する

・白アリの被害に遭いやすくなる

こうした症状が起きてしまうと残念ながら塗装工事だけは済みません。

屋根の葺き替えや内部の大掛かりな工事が必要になるため、塗装以上の費用がかかってしまうことになります。

「コケくらい放っておいても大丈夫」

と思っていてもコケは確実に屋根を侵食しています。

劣化してしまったものを元に戻すことはできませんので、費用を削減したいからとメンテナンスを怠るようなことをしてはならないのです。

□最後に

結果的に莫大な費用を取られてしまっては元も子もありません。定期的なメンテナンスこそが家にもお財布にも優しいのです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket