Pocket

しつこい営業を行う業者への対処法を教えます!

「両親が自宅に訪問した業者に「屋根が壊れている」と言われ屋根修理を契約したが、実際は壊れていないので、解約したい。」

「留守番をしていた高齢の母が、近所の工事をしているという事業者から屋根瓦の修理が必要と声を掛けられ、高額な契約をしてしまった。」

このようなトラブル相談が絶えず、塗装業界はトラブルの多い業界のひとつでもあります。

国民生活センターに寄せられるリフォーム工事のトラブル相談件数は毎年5000件を超えているほどなのです。

特に訪問販売によるトラブルが目立ち、悪徳な手法で契約を結ぼうとしつこく営業を行ってきます。

このようなトラブルに巻き込まれないためにもしつこく営業をされた時の対処法について見ていきましょう。

□しつこい営業を行う業者は悪徳業者である危険性

おおよそしつこい営業と言われれば以下の点が挙げられるでしょう。

・電話での営業、勧誘を何度も行う

・突然訪問され、断っても帰ろうとしない

・きちんと断っても電話や訪問をしてくる

このようなことを体験すると「しつこい営業だな…」と感じますね。

ではこのような営業を行う業者に、なぜ悪徳業者である危険性があるのでしょうか。

本来であれば良いサービスを提供し、良い営業をしていれば自然と契約は取れるはずなのです。しかし悪徳業者には良いサービスが提供できず、自然に契約を取ることが困難なためしつこく営業を行っているのです。

ですので、何度もしつこく営業を行う業者は悪徳業者である危険性があるのです。

□悪徳業者・しつこい営業への対処法

悪徳業者は私たちを騙すことで契約を結ぼうとしてきます。

どうしても断り切れないからと契約してしまっては悪徳業者の思うつぼです。

では具体的にどのようにしてしつこい営業に対処していけばよいのかを見ていきましょう。

*電話での営業や勧誘の場合

なんとしてでも契約を取りたい悪徳業者は必死になって何度も電話での営業を行ってきます。同じ業者からかかってくるようであれば「消費生活センターに相談します」と伝えてみましょう。

*訪問販売で来た業者が帰らない

いくら断っても帰ろうとしない、居座り続ける業者も中にはいます。

今ではあまり見られませんが、こうした場合でも「消費生活センターに相談します」と切り出してみましょう。この時その場ですぐに相談することが大切です。

また、契約を結んでしまったという場合でもクーリングオフなどで解約することができます。

□最後に

しつこい営業や悪徳業者への対処は、消費生活センターをうまく活用するようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

 

Pocket