Pocket

 

外壁塗装でアレルギー症状が出る?外壁塗装でアレルギーは起こるの?」
「アレルギーを回避できる外壁塗料はないの?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装とアレルギーの関係を紹介します。

□外壁塗装で起こりうるアレルギー症状とは?

外壁塗装で起こる可能性がアレルギー症状の例には以下があります。

*喘息(ぜんそく)

気道の炎症によって咳が止まらなくなったり胸に痛みが生まれたりする症状が喘息です。放置すれば悪化して呼吸困難になり、最悪の場合は死に至ります。年間で約1,450人が喘息で亡くなっているため無視できない症状です。

喘息は大人になってから発症することが多く、症状が一度出ると完治することはほとんどありません。喘息は外壁塗装によって発症するおそれがあるため対策が必要です。

主な原因はトルエンやキシレン、ホルムアルデヒドといった有害物質です。ただし喘息はホコリやダニでも起こるため、明確な原因を特定するのは難しいでしょう。

*頭痛

外壁塗装によって頭痛が起こることがあります。

主な原因として考えられるのはシンナーです。成分による健康被害や、悪臭によって発症するケースがあります。臭いに敏感な人だと、シンナーの悪臭に耐えきれずに頭痛がするでしょう。

*めまい

外壁塗装でめまいが発生するおそれがあります。主な原因として考えられるのはシンナーに含まれるVOC(揮発性有機化合物)です。

VOCとは、トルエンやキシレンといった揮発性が強い有機化合物の総称です。人体に有害な物質のため、近年の塗料では影響が少なくなるよう含有量を減らすといった対策がとられています。

めまいはVOC以外でも発生すると考えられますが、詳しい原因は判明していません。

*湿疹

外壁塗装で湿疹が発生するケースもあります。湿疹が発生する明確な理由は判明していません。

このため、シンナーではなく水性塗料で工事をしたとしても湿疹が発生するおそれがあります。

*喉の痛み

外壁塗装によって喉の痛みが発生するおそれがあります。主な原因として考えられるのはシンナーに含まれるVOCです。

VOCの他にも、吹き付け塗装をした場合に塗料を吸い込むおそれがあり、喉の痛みにつながることがあります。

VOCや吹き付け塗装以外でも喉の痛みは発生すると考えられますが、詳しい原因は判明していません。

□外壁塗装でのアレルギー対策を紹介

外壁塗装をする際にできるアレルギー対策には以下があります。

*水性塗料を使う

外壁塗装に使う塗料には「溶剤系塗料」と「水性塗料」があります。

「溶剤系塗料」とは、主にシンナー使っている塗料です。一方、「水性塗料」は主に水を使っています。

水性塗料の場合、シンナーを使わないためアレルギーの原因となる物質が少なくて 済むためシックハウス症候群になる危険が少ないと言えるでしょう。

また、溶剤系塗料に比べて悪臭が少ないため頭痛や吐き気も起こりにくいでしょう。アレルギーの心配がある場合は工事の際に水性塗料を使うようにしてください。

*「F☆☆☆☆(エフフォースター)」の塗料を使う

有害物質である「ホルムアルデヒド」の含有量が一定の基準以下だった外壁塗料は「F☆☆☆☆(エフフォースター)」と呼ばれます。

ホルムアルデヒドとは、人体に有害なVOC(揮発性有機化合物)の一種であり、建築材や塗料の性能を維持するために重要な成分です。

ホルムアルデヒドを完全になくすことは、性能低下や価格の高騰を招くため難しいです。しかし、「F☆☆☆☆(エフフォースター)」と呼ばれる塗料であれば人体への悪影響は非常に少なくて済むでしょう。

なお、「F☆☆☆☆(エフフォースター)」以外に「F☆☆☆」や「F☆☆」という商品もあります。

「F☆☆☆☆(エフフォースター)」以外はホルムアルデヒドの含有量が多いため、法律によって使用面積が規制されています。

「F☆☆☆☆(エフフォースター)」に限り、ホルムアルデヒドの含有量が非常に少ないため使用面積の制限はありません。

塗料が「F☆☆☆☆(エフフォースター)」かどうかは、塗料名をメーカーサイトで調べると明記されています。見積書で塗料の名前を確認しましょう。

一般的な塗料はほとんどが「F☆☆☆☆(エフフォースター)」ですので、他の種類が見積書に記載されていたら業者に「なぜその塗料でなければいけないのか」説明を受けましょう。

*工事中や工事直後は防毒マスクをする

喘息といった呼吸に関するアレルギーなら、工事中や工事直後は防毒マスクを着用すれば発症する確率を下げることができるでしょう。

ただし、工事から1週間が経過しても塗料による悪影響が完全になくなることはありません。

マスクを着用したまま生活するのは難しいため、主に工事期間の対策だと考えておきましょう。工事後の対策をしたいのなら、使う塗料に気を遣うことが重要です。

*工事中は住居を移す

外壁塗装によるアレルギーを回避する最も効果的な対策は、工事中は住居を移すことです。自宅に戻れば症状が起こる可能性はありますが、少なくとも工事期間中は外壁塗装によるアレルギーを発症する危険がありません。

□最後に

外壁塗装でアレルギーの主な原因となるのは、シンナーに含まれるVOCです。トルエンやキシレン、ホルムアルデヒドといった有害物質により咳や目の痛みなどが発生します。

外壁塗装のアレルギーはVOC以外にも原因があると考えられていますが、現在のところ具体的な物質は判明していません。

原因が明確ではないために対策がとりにくく、リフォーム後にアレルギーが悪化して引っ越しを余儀なくされるケースもあるでしょう。

それでもVOCの対策は可能なため、今回紹介した内容を実践してアレルギーが発症しないようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket