Pocket

塗装工事中に雨が降ったらどうなるの?

もし、外壁塗装中に雨が降ってきても業者が工事を続けているようでしたら雨だから工事を中止してください!」と強く声をかけてください。

雨の中に塗装工事を行う事は業界では絶対にありません!もし、雨の中に塗装したら塗料の機能が発揮できなくなるばかりか塗膜がちゃんと作られず、ひび割れの原因、そして耐久性を大きく落とすことになるのです。

雨の中でも塗装できる塗料が関西ペイントから発売されましたが、それは例外です。今回は外壁塗装は雨に行わない理由と外壁塗装にふさわしい温度や湿度を解説いたします。

雨に外壁塗装をやってはいけない3つの理由

塗料は本来天気のいい乾燥する日を選ぶものですから、雨の中で塗るなんてもってのほかです。主な理由は以下の通りです。

理由1:塗料に雨水が混ざり、仕上がりが綺麗にならない
理由2:塗料が雨水で薄まり、塗料の寿命が短くなる
理由3:雨だと重ね塗りが上手くいかない

一般の人はあまり意識しないと思いますが、外壁塗装は通常は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りで行います。

その中でも下塗が一番重要なんです。もし「下塗り」に雨が降ったまま塗装を行うと、その次の工程の「中塗り」と「上塗り」の塗料が付着しずらくなってすぐに塗料が剥げます。

小雨でも塗装できません

「小雨」でも塗装はできません。また雨が降ってなくても、湿度が高い日は塗装してはいけません。なぜなら塗料には気象条件があり、湿度が85%を超える日は、塗装が乾燥する途中で、塗膜の表面が白くぼけて状態になってしまうからです。雨だけではなく、塗装ができない気象条件があります。

◆塗装をおこなってはいけない気象条件

雨・高湿度:雨や湿度が85%を超える日は塗膜が上手くつくれない

早朝:露や霜などの水分が金属部分に付着するため

高温時:塗膜に気泡ができるため

低温時:乾燥時間がかかるため

強風時:塗料が飛び散り、壁にチリやホコリが付着するため

もし、塗装中に急に雨が降ったら?

残念ですが、塗り直しになります。通常塗装は水性塗料でも最低1時間、溶性塗料は4時間は乾燥させる必要があります。だから運悪く予期しない雨が降った場合は、一から塗り直しが必要になります。

□最後に

当たり前ですが外壁や屋根の工事を行うことになりましたら、まずは業者と天気についても打ち合わせて、工事をするスケジュールについても、意識合わせしておきます。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket