Pocket

今を乗り切りましょう!

この数か月間で世界情勢は大きく変わりました。原因はみなさんもご存じのコロナウイルスです。

特効薬や感染対策の確立がなされないまま、感染拡大を広げるコロナウイルス。本日はいよいよここ福岡でも緊急事態宣言が出されようとしている最中です。

誰もが一刻も早く収束を迎えて欲しいと願っているでしょうから、今回は少し外壁塗装から脱線をして流行り病について触れていきたいと思います。

□そもそもコロナウイルスとは?

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。(厚生労働省HP新型コロナウイルスに関するQ&Aより引用)

□私たちにできること

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

県民のみなさまにおかれては、過剰に心配することなく、インフルエンザなどと同様に、手洗いや咳エチケットなどの、感染症対策に努めていただくとともに、持病がある方、ご高齢の方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意をしていただくようお願いします。(福岡県HP新型コロナウイルス感染症ポータルサイトより引用)

□最後に

福岡市や北九州市で感染の拡大が見られていますが、宗像市、久留米市、糸島市、そしてここハウジングコートからも近距離である筑紫野市でも感染が確認されています。明日は我が身と思い、感染者が出ていないからと言って慢心にならないよう今日からでも始められる感染対策を行いましょう。

Pocket