Pocket

3回塗って耐久性アップ!

外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りが基本です。

どれも塗装後の美観や耐久性を左右する重要な工程と言えます。

それぞれの工程の役割と必要性を知っておきましょう。

□塗り残し防止や耐久性を上げるために

下塗りは上塗りを長持ちさせ、綺麗に仕上げるために必要不可欠なものです。上塗り材は耐候性、低汚染性、防カビ、防藻性などの機能を持ちますが密着性に欠けるため、接着剤のような役割を持つ下塗り材が必要となります。中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。人の手で行う塗装には限界があり、1回の上塗りでは、かすれや薄い部分が出てきてしまいます。2回目の上塗りを行うことで、完全な外壁・屋根塗装に仕上げることができるのです。「3回塗り」は耐久性の面でも美観の面でも必要な作業だと言えます。

□下塗り塗料の種類と特徴

下塗り材にも目的と用途に合わせて、豊富な種類が存在します。最近では様々な機能を備えた微弾性フィラーが主流で使用されています。

ここでは各種類の下塗り材について簡単にご紹介いたします。

*プライマー

上塗り材との密着効果を高める接着プライマーや、鉄材などに塗るサビプライマーなど、機能に応じた種類があります。

*シーラー

下塗り材が下地に吸い込まれてできるムラを抑えるためにシールする役目を持っています。プライマーとシーラーはほぼ同じ目的の下地調整材です。

*サーフェイサー

中間に塗ると、サンドペーパーなどで平坦化する作業を軽減します。上塗り塗料の重ね塗りもできます。

*フィラー

下地の凹凸やヘアークラックなどを補修する場合に使用します。

*微弾性フィラー

最近主流の下塗り材です。通常のフィラーよりも膜厚を付けることが可能です。水性で環境に優しく、クラック補修もできます。

□3回塗りの工程

塗膜の厚みを十分確保し、長期にわたって美しい外観や性能を保持するためには、下塗りと中塗り、上塗りに分けて施工する3回塗りを知っておきましょう。

*下塗り

既存塗膜や下地の状況に応じて下塗り材を選定して塗装します。

*中塗り

長く美観や機能性を保持するために、塗膜の厚みを十分確保します。

*上塗り

事前打ち合わせで決められた色の塗料を塗装して完成です。

□最後に

中塗りと上塗りの塗料を、同じ種類の違う色で塗ってもらえば、1工程を省くような手抜きを見抜くことができますので塗りムラがないかなどのチェックの際はこの点を気にしておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket