Pocket

下地が傷んでいたら徹底補修!

長時間、紫外線や雨風にさらされる外壁は経年劣化が避けられません。

外壁の場合、その劣化を見逃さず、適切な処理をしてから塗装する事が重要です。

劣化の程度や素材によって異なる、補修方法を整理してみましょう。

□傷んだ下地は補修してから塗装するべし~モルタル編~

*モルタルは経年劣化によるクラックが発生する資材

水を使って砕石と砂を合わせ、乾燥させて作られるため、モルタル自体の収縮や構造木材の乾燥収縮などによって、表面に微細なクラックが発生しやすい資材なのです。特に日がよく当たる建物の壁など面積の大きい面では、乾燥収縮による亀裂を防ぐことは難しいです。また、夏の建物の膨張と冬の収縮を繰り返して大きくなったクラックから雨水が浸入すると、鉄筋全体の体力がむしばまれてしまう結果になります。

※クラックは構造木材の乾燥収縮でできるひび割れ。これは、防水効果切れの赤信号で、このような隙間から、雨水などが浸入するので注意。

*小さなヘアークラックは「刷り込み」による補修で解決

ヘアークラックとは、髪の毛ほどの幅(0.2~0.3mm以下が目安)の細くて浅いひび割れの事です。小さなヘアークラックでも補修は必須。塗装だけではその場しのぎになってしまい、数年もするとクラックの跡が出てきてしまいます。ヘアークラックを補修する場合は、下塗り材による「刷り込み」の工程が必要です。微弾性フィラーやセメントフィラーなどの下塗り材を、ラスターなどのかたい刷毛を使ってクラックの中に刷り込んで補修します。

*危険度の高い構造クラックはプライマー+シーリングで補修

幅が0.3mm以上で、深さが5mm以上ある大きなクラックを「構造クラック」と言います。放置すると基礎の強度が低下し、建物を支えられなくなる危険性もあります。構造クラックの場合、微細な地震などの要因でひびが動くことがあるため、まずは弾力性の高いシーリング材でひびを埋めることが大切です。手順は、シーリングが十分補填されるよう、クラックを工具でV字にカットします。そこにプライマーを塗布してシーリング材を補填します。

□最後に

下地の補修を行わないまま塗装をしてしまうと、早期劣化に繋がります。塗装すれば見えない部分、と思っても塗膜の下では何が起こっているのか分からないので注意です。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket