Pocket

賢い塗装術で費用を削減しよう!

リフォームは、本体の工事以外にも必要な費用があります。

それを節約するには、出来るだけ工事をまとめて行うことがポイントです。

ここでは出来る限り費用を抑えるためにもどのようにまとめて工事に行えばよいのかをご説明いたします。

□屋根+外壁をセットで塗装

屋根のリフォームには屋根そのものの工事のほかに、足場組み立てと撤去工事費用が必要になります。この費用は、何か形が残るものではないため、いわば“消え物”の代金になります。屋根リフォームのためだけに支払うのは非常にもったいないですよね?結局、屋根も外壁も新築時に同等グレードの塗料が使われているため、どちらもメンテナンスが必要な時期は同じです。“消え物”の代金を考えると、外壁と屋根のリフォームを一緒に行う方がお得ということになります。

例えば屋根と外壁を別々に行った場合、外壁塗装は足場代・洗浄剤・塗装代・付帯工事代で約130万円が必要になり、屋根塗装は足場代・洗浄剤・塗装代で約70万円が必要になり、合計で200万円の費用がかかります。

反対に外壁と屋根の塗装を一緒に行った場合は足場代・洗浄剤・塗装代・付帯工事代で約160万円で工事することができ、別々に行った場合より40万円も費用を抑えることができます。

□足場をかけたら徹底的に活用

“消え物”代を節約するため、足場がらみの工事は出来るだけまとめて行うことが大切です。屋根や外壁以外にも、足場が必要になる工事があるので確認しておきましょう。

*足場が必要なリフォーム

・外壁の塗り替え・サイディング工事

・屋根の葺き替え・塗り替え(緩勾配の屋根は不要)

・雨樋交換

・破風や軒天の工事

・太陽光発電システムの取り付け

・高所の窓、雨戸の交換・取り付け

・高所の庇、霧除け工事

・そのほか、高所の外壁を補修する工事が絡むもの

□最後に

塗装の時期ではないけれど外壁の劣化だけ早かったし、屋根はあまり見える場所でもないから、と外壁と屋根の塗装を別々に考えてしまう方は少なくはありません。いずれかの部分のみが早期劣化を引き起こしてしまったとしても数年後には残りの部分も劣化はするものです。トータルコストで考えると時期が来ていなくてもまとめて塗装をしておいた方がお得である場合もありますので別々で問題ないと考えている方でも長い目で塗装と向き合ってみるとよいかもしれません。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket