Pocket

資材に合わせて塗料を選ぶ

外壁と言ってもその建材は様々です。

モルタルやサイディングなど、使用されている外壁に合わせて塗料を選びましょう。

また、それぞれのお住まいが抱える問題も様々です。

技術の進歩によって、多彩な機能を付加した塗料が登場しています。建物の問題を解決できる機能を備えた塗料を探しましょう。

□外壁材の種類に合わせて選ぶ

*モルタル

【クラックの発生を抑える「弾力性」がキーワード】

モルタルはクラックが発生しやすい外壁です。発生を抑えるには、建物の動きに合わせて伸び縮みする弾力性のある塗料を厚く塗るのがポイントです。家の現状を把握して、修繕するために必要な塗料を選択します。弾力のある塗料で塗装するとひび割れにしっかり密着します。

*サイディング

【紫外線や雨などの環境から大切な家を守る役割も】

窯業系サイディングの場合は、既存の柄を活かせるクリヤー塗装がおすすめです。サイディングも日当たりのよい場所を見ると、当初の色に比べて色褪せや変化が見られます。クリヤー塗装で上品なツヤを取り戻しましょう。

□住まいの悩みを解決する機能性で選ぶ

*断熱対策

【優れた断熱性能を備え省エネ効果を発揮】

屋根からの暑さ、壁からの寒さを感じる家であれば、ハウジングコートでも取り扱っている「ガイナ」や「アステックペイント」が断熱効果を持っておりおすすめです。断熱性の向上により、住まいの快適性がアップします。また、エコロジー効果も高い断熱塗料は省エネに繋がり、コストパフォーマンスも抜群です。

夏、クーラーの効きがよくないと感じたり冬、寒くて寝つきが悪いと言った場合におすすめします。

*汚れ対策

【汚れの原因によっても選ぶ塗料は変わってくる】

特に車道に面している外壁では、汚れが気になるところです。その場合は、汚れが付きにくく、雨で汚れを浮かせてくれるような塗料をセレクトしましょう。また、断熱性能の低い家では、湿気や壁内結露などの原因から外壁にカビやコケが発生します。カビが発生した場合には、防カビ剤入りでカビの発生と増殖を抑制してくれる塗料が必要になります。

カビやコケ、車の排ガスの汚れには光触媒塗料などがおすすめです。

□最後に

まずは外壁に使用されている建材の短所を把握し、美観維持や保護以外に目的に応じて塗料選びの基準を変えましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket