Pocket

外壁塗装の正しい施工工程

どんなに優れた塗料でも、正しく作業しなければその性能を発揮することはできません。

塗装の工程一つ一つに重要な意味があり、この基本に沿って塗装しなくてはなりません。

今回は、正しい施工工程を例え話を交えてご説明いたします。

□外壁塗装の施工工程

ここでは外壁塗装を女性の化粧に例えて施工工程を見ていきましょう。

*準備

外壁塗装では安全確保のため、まずは足場を組みます。清浄水や塗料の飛散防止のため、メッシュネットなどで覆います。

一方お化粧では化粧に必要なものを、整理しながらしっかり準備します。

*洗浄

お家全体の汚れを高圧洗浄で洗い流します。大切な下地処理の一部で、ここが不十分だと塗り替えた後、剥がれなどの原因になります。

お化粧で洗浄の作業に当たるのが洗顔です。石鹸で汚れを浮かし、綺麗な水で洗い流します。

*下地処理

ひび割れのシーリング処理や剥がれた塗料の除去、サビ止めの塗布などを行い、下地の調整を行います。

お化粧では化粧水が下地処理になります。皮膚を保湿して、お肌の調子を整えます。

*塗装

・下塗り

素材と塗料の密着を良くするために行う作業です。本塗装の発色もよくします。

お化粧では保湿クリームがこれに当たります。肌と化粧品が密着するよう、肌の表面を滑らかにします。

・仕上げ塗装➀

下塗りと上塗りの中間に塗り付ける層です。平滑な下地を作ったり、上塗り材の補強が目的です。

こちらお化粧では化粧下地に当たります。ベースになる色味を、整った肌に塗っていきます。

・仕上げ塗装➁

中塗りと同じものを塗り、塗りムラや厚みを付けることで機能性を高めます。2度塗りで耐久性を確保します。

お化粧ではこの作業はファンデーションになります。一番人の目に触れる部分です。仕上げは丁寧に行います。

*付帯部の塗装

屋根、外壁以外の雨樋や通気口、鼻隠し、破風など、付帯部の施工も忘れずに行います。

付帯部の塗装にあたるお化粧の手順は口紅やアイメイクです。印象が変わるポイントです。

*確認

仕様書と照らし合わせながら、仕上がりを確認します。施工不備がないか、思った通りに仕上がったかをチェックします。

お化粧での確認作業は鏡でのチェックです。ムラがないか、綺麗に仕上がったかをチェックします。

□最後に

塗装するにあたってこの部分は塗装しなくてもいいんじゃないのか、この手順はいらないんじゃないかと思っていても、こうしてお化粧に例えてみるとどれも欠かせない作業だと言うのがわかりますね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket