Pocket

太宰府天満宮表参道店

今やコーヒーショップとして有名で若い世代を中心に人気なスターバックス。

日本各地に多数の店舗を構えていますが、中には一風変わった店舗も存在していることはご存知ですか?

ここ太宰府市にも通常のスターバックスとは違う独特な造りの店舗があるんです。

それがスターバックス太宰府天満宮表参道店なのですが、一体どのような造りをしているのでしょうか。

さっそく行ってみましょう。

□スターバックス・コーヒー 太宰府天満宮表参道店

実際に見てみると一目瞭然なのですが、太宰府天満宮表参道店は入り口から店内までびっしりと木組みがされていて驚きの光景にも見えます。

こちらのひときわ目を引くフォトジェニックなスターバックスは建築家、隈研吾さんによる“作品”。そのため観光客のみならず、多くの建築ファンも訪れては写真を撮る風景がみられます。店舗は「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトで設計され、入口だけでなく店内までも、伝統的な木組み構造を用いたデザインが最大の特徴。さらに店の奥庭には、太宰府のシンボルである梅の木が植わっているので、そちらも要チェックです。

日本の伝統的な雰囲気を醸す参道内に異国の文化が入っているわけですから、一般的な店舗を構えると浮いてしまいますよね。

ですが伝統的な木組みを用いることで斬新なアイデアでありながら和モダンな雰囲気が出ており調和が取れたデザインになっています。

異国の文化を取り入れつつも上手く調和させることで参道のあり方も少し変わったのではないでしょうか。

□参拝のついでにより道でも

参道内に人気のスターバックスが構えているというだけで時によっては非常に込み合っていることも。

落ち着いたゆったりした時間をご所望の方には混み合う店内はあまり好ましくないかも知れませんが、この建築作品を手掛けた隈研吾さんは2020東京オリンピックのメインスタジアムを手掛けた人でもあるのです。

店内に入ったり、注文をしなくても一度訪れてみるだけでもいかがですか?

ちなみに太宰府天満宮表参道店で取り扱っているメニューは他の店舗と同じものになっています。独特な外観に合わせて太宰府ならではのメニューが追加されてほしいですね。

□最後に

いかがでしたでしょうか。

かつては木組みで作られた珍しさから話題にもなりましたね。最近では写真映えの影響もあるみたいですよ。

太宰府市で外壁塗装業者を探している方は、是非、弊社ハウジングコートにご連絡下さい。
見積もりも無料で対応させて頂きますので、心よりお待ちしております。

Pocket