Pocket

サイディングの外壁を塗装しよう!

現在の住宅の多くはサイディングボードを使った外壁です。

塗り替えを考えられているお客様のお住まいもサイディングであることがほとんどです。

モルタルの外壁もまだまだ多いですが、今回はサイディングの外壁にスポットを当ててお話をいたしましょう。

□サイディングボードの気になる症状

サイディングのお住まいとモルタルのお住まいではそれぞれ異なった劣化症状が現れます。

まずはサイディングのお住まいで起こりやすい劣化を見ていきましょう。

*コーキングの劣化

サイディング壁でもっとも起こりやすい劣化症状がコーキングの劣化です。

サイディングには継ぎ目があるので、その継ぎ目を埋めているコーキングがひび割れを起こしたり、隙間が発生したりすることがあります。

コーキングの劣化をそのままにしておくとそこから雨水や汚れ、カビなどが入り込んでサイディングの耐久性が落ちてしまうことになります。

*ボードの反り

サイディングは一枚の板をつなぎ合わせて壁を作っているので、時にボードが反りだしてサイディングが割れてしまうことがあります。

実際にサイディング材が割れてしまうと外壁塗装ではなく張り直しが必要になってしまうので、反りが見られてきたら速やかに補修するようにします。

ビスや釘で反りを抑えるという方法もありますが、無理に抑えてしまうとかえってボードが割れてしまう恐れがありますので補修を行う際には要注意です。

*チョーキング

モルタルでも発生する劣化ですが、外壁塗装のタイミングを知るうえでとても重要なものです。

外壁塗装から時間が経つと紫外線による経年劣化により塗膜が剥がれてきてしまいます。
すると塗膜に覆われていた顔料が表面に浮き出してきて、手のひらでこすると表面に顔料がつくようになります。

□サイディングを塗装する時には

サイディングは豊富なバリエーションが大きなメリットになっています。

しかしデザイン性が高いがゆえに、塗装をしてしまうとせっかくのデザインを潰してしまうなんてことも起こってしまうのです。

そんな方には、模様を生かすために上塗りに”クリア塗料”を使うことができるでしょう。

そうすれば外壁塗装の後も上塗りの塗料の色によって家のイメージが大きく変化するということを避けられます。
ただし10年以上外壁塗装をせずにサイディングが劣化している時には、クリア塗料が使えないこともあるので注意しましょう。

□最後に

サイディングのお住まいはこれからも増えていくでしょう。

いざ塗り替えが必要になる前に少しでも多くの知識を備えていると安心です。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket