Pocket

その見積書の内容、大丈夫ですか?

外壁塗装はどうしても出費が大きくなってしまうもの。

それゆえに様々な業者に見積もりを依頼して少しでも安く施工してくれる業者はないかと探してはいませんか?

しかし金額に気をとられていると、見積書に潜んでいる罠に気付かないまま…なんて事が起きてしまいます。

今回は金額と同時に気を付けたい見積書の内容についてご説明いたします。

□その見積書の内容は明白ですか?

足場仮設や外壁の下塗り中塗り上塗りと、項目が細分化されていて一見どこにも問題がないように見える見積書でもちょっと待ってください。本当にその見積書の内容は細部まで記載されていますか?

見積書を見る際には以下の点に注意して見てみてください。

*塗料のメーカーや種類が記載されていない

屋根や外壁の塗装がしっかり3回塗りで見積もりされていても使用する材料は水性シリコンとだけ書かれていたらどうでしょうか。

どこの水性シリコンを使うの?そうは思いませんか?

「最高品質の塗料で塗装いたしますよ!」と言われていても実際に使うのはランクが下の塗料。つまり正しく見積もりがされていないため、どれだけ金額を気にして費用を抑えようと思っても虚偽の数字であり、適切な工事もしていないなんてことが起こりかねません。

*一式と言う表現が多い

工事内容が少ないとこの一式と言う表現が使われがちですが、当然それ以外の場所でも一式でまとめてしまう業者がいるのが実情です。

どんな作業をしてどんな材料を使うのかが明白になっていないと口だけの説明と実際の工事内容が異なってくる、と言う事が考えられます。

加えてどう言った工事内容に対して発生した金額なのかもわからず必要以上に支払う事に、なんてことも起こってしまうのです。

+諸経費について

移動にかかる費用や消耗品代など実際の工事とは別に発生する諸経費ですが、諸経費にも内訳が記載されていると透明性があり信用できると言ってもよいでしょう。

*保証についての記載はあるか

保証を設けると言う事は業者にとって覚悟と自信の証でもあります。

施工不良ばかりで保証の対応をしていると自分たちの営業活動に支障が出てしまいます。そのため手抜き工事を頻繁に行うような業者は保証を付けることができない、と言う事です。

つまり保証がしっかりしているのであればそれだけ技術があると言う事にもなります。

□最後に

今回は見積もり受け取った時に気を付けたいことについてご説明いたしました。

見積書の内容が不明瞭であればそれだけどんな作業をされるのか、正しい金額になっているのかがわからない、と言う事を頭の片隅に置いていただいて見積書をご覧になってください。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket