Pocket


雪国に住んでいると、積雪により、基本的には外壁塗装等の工事をすることはできません。
一方、雪があまり降らない地域では、冬であっても時期を見れば塗装しても良いのでは?と、思いますよね。
実際、この時期の外壁塗装はどうなのでしょうか?
今回は、冬場の施工について考えてみましょう。

塗装は冬場でもオススメできる?

一般的に、外壁塗装が向いている時期というのは、例えば春のように気温や湿度が安定している時期になります。
しかし中には、本来予定していた時期に間に合わなかったという人もいますよね。
そこで、冬場だと作業は全くできないのかと疑問に思う人もいるでしょう。

実は、雪が積もらない地域の場合は、冬場でも作業をすることができるのです。
作業が可能かどうかは、天気次第になってしまいますが、全く不可能というわけではないですからご安心下さい。
むしろ、冬場の方が作業しやすいと考えることもできるのです。

それは、冬場は比較的雨が少ない時期になりますから、作業のスケジュールが立てやすいのです。
どうしても、塗料を使うとなると、最低でも雨が降っていないことが前提になりますよね。
そのため、比較的スケジュールを押さえやすい時期だとも言えるでしょう。

また、冬場はよく乾燥しやすいということを聞きませんか?
実は、乾燥した状況は、塗装にとって好条件でもあるのです。
そのため、塗料が乾きにくいということもなく、スムーズに作業が進められると言ってもいいでしょう。
冬は、塗装にとって不向きな時期だと思われやすいですが、そんなことはないのですね!

冬場の作業特有の課題点とは?

冬場でも塗装作業ができることが分かりましたが、この時期ならではの課題もあるのです。
それは、作業時間です。
冬場となると、どうしても日照時間が春や夏と比べると、短くなってしまいますよね。

そのため、本来ならばもう少し作業できる時間帯であっても、切り上げなければならないということも出てくるでしょう。
その結果、通常よりも作業スケジュールが長くなりやすい場合があるのです。
もちろん、塗料がしっかりと乾ききらないと作業ができませんから、その分で時間がかかるということもあり得ますよね。

これらは、みなさんの日常生活にも十分に関わりますから、施工を依頼するかどうかのポイントになるでしょう。

まとめ

今回は、冬場の外壁塗装について、メリットとデメリットをご説明しました。
冬場の作業時は、通常時より時間がかかることを知った上で依頼をするようにしましょう。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket