Pocket

外壁塗装はしないといけないの?

「色褪せしてきたけどそろそろ塗装時期なのかな?」「特に傷んでるようには見えないけど塗装するべき?」

外壁塗装は一般的に10年に1度の塗り替えだと言われています。

しかし10年に1度とは言えその費用は高額になりますので塗装をしないと言う選択をされる方もいます。

外壁塗装は必ずしないといけないものなのでしょうか?今回は外壁塗装の必要性についてご説明します。

□塗装が持つ役割を知る

では一体何のために塗装を行っているのでしょうか。

結論から申し上げますと「家を守るため」です。そして「あなたを守る」ためでもあります。

塗装することで外観が綺麗になるため美観維持のためだと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実はそうではないのです。

もちろん美観維持のためと言った理由もありますが、屋根や外壁はなにより自然現象にさらされています。雨風や紫外線などにより老朽化・風化と言った損傷から免れることはできません。ですが塗料には防水効果を基本に遮熱効果や防カビ効果があるものまであります。

お住まいの耐久性を上げた結果、付随して外観が綺麗になったと言えますから何よりもあなたとあなたの家を守ることが最大の理由なのです。

□塗装せずに放置しておくとどうなる?

目に見えて酷く劣化が進行している場合やコケなどの汚れが至るところに発生してると言った場合だとそろそろ塗装した方がいいのかも…と感じるかも知れません。しかし逆にひび割れも特になく、コケも発生していない、強いて言えば色褪せはしてきたかな?と言った程度であればまだ塗装は必要ないだろう、そう思いませんか?

ですが屋根や外壁は刻一刻と劣化が進んでいます。加えて、目に見えて劣化が生じた状態は実はすでに劣化レベルがかなり進行している状態なのです。

外壁にはサイディングやモルタル・ALC・木材など様々な材質がありますがそのどれもが水に弱いのです。

従って塗料の効果を失った外壁はどんどん劣化が進行し、外壁の損傷から雨漏りをすることが考えられます。さらに水を含むことで内部から腐食が進行し、外壁が剥がれ落ちることもあります。

また、屋根は外壁に比べ数倍の紫外線を直接受けています。どうしても確認が難しい場所にはなりますが、屋根の劣化を放置した結果も雨漏りの発生を引き起こしかねません。特に屋根は家全体を守っていますので屋根の劣化によりその他の部位にまで劣化を及ぼす可能性があります。

これらを放置した結果、最悪は家の倒壊と言ったことも起こり得ますので安心してお過ごしいただくためにも塗装工事は必要なのです。

□最後に

今回は塗装の必要性についてご説明いたしました。

劣化の進み具合によっては工程が増えたり補修が必要になってきますので結果的に出費が大きくなった、と言うことも珍しくはありません。

塗装をするタイミングをしっかり見極めることが大切かも知れませんね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket