Pocket

屋根・外壁塗装でよく聞く言葉~1液型と2液型~

外壁や屋根の塗装で使われる塗料。

水性と溶剤の違いや、アクリルや無機と言った塗料があることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし塗料の世界はまだまだ奥が深いもの。

今回は全ての塗料に存在する「1液型」と「2液型」、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどについてご説明いたします。

□1液型はどんな塗料?

1液型は塗料缶が1つで、水やシンナーで薄めて使うことの出来る塗料のことです。

基本となる塗料の他に特殊な材料などを混ぜる必要もなく、時間や手間が掛からないことが特徴です。

*1液型塗料のメリット

1液型のメリットは先述した時間や手間が掛からないことのほか以下のメリットがあります。

・費用を抑えられる

・水やシンナーを混ぜた塗料であれば、余っても翌日使用することができる

*1液型塗料のデメリット

反対にどんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

・耐久性などの性能面が低い

・長期間の保管ができず、水やシンナーを混ぜていない塗料は保管に気を遣う必要がある。

・使用可能範囲が限られている。

と言った点が挙げられます。

加えて、使用可能範囲についても少し触れておきたいと思います。

+1液型塗料が使用できる部位

・コンクリート

・サイディングボード

・セメントモルタル

・旧塗膜

サイディングボードやセメントモルタルに塗装できるのであれば十分だと思われた方もいるのではないでしょうか。

しかしこの塗装可能範囲では2液型と比べるとどうしてもデメリット面になってしまいます。

 

それでは2液型はどうでしょうか。

□2液型はどんな塗料?

1液型が塗料缶1つであるのに対し2液型は塗料と硬化剤の2つの缶があります。

2液型塗料を使用する際は塗料と硬化剤に加えて水やシンナーを混ぜ合わせる必要があります。

この硬化剤により強固な塗膜を作ることができるのが特徴です。

*2液型塗料のメリット

2液型塗料には強固な塗膜を作ることの他、以下の様なメリットがあります。

・混合前は保管がしやすい

・使用可能範囲が広い

2液型塗料の使用可能範囲については1液型塗料も交えて後程くわしくご説明いたします。

*2液型塗料のデメリット

では2液型塗料にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

・大量に使用すると費用がかかる

・塗料を混ぜた後はすぐに使用になければならない

・材料を混ぜることに手間と時間がかかってしまう

このようなデメリットが挙げられます。

それでは2液型塗料が使用できる範囲を見ていきましょう。

+2液型塗料が使用できる部位

・1液型塗料が使用できる部位

・ALCパネルスレート板

・GRC板

・押出成型セメント板

・鉄部分

・亜鉛メッキ銅

・アルミニウム

・ステンレス他金属類

聞きなれない部位も多いかと思いますが、その差は歴然ですよね。

□ではどちらの塗料を選べばいいの?

どちらの塗料にもメリットとデメリットがあります。

1液型だからいい、2液型だから悪いと言ったことはなく、ご自身が想定しているプランなどに合わせて塗料を選ぶことが重要です。

しかしながらメリット・デメリットはおおよそ対称的ですから、ご予算抑えたいという方には1液型が、外壁をしっかり保護してもらいたいという方には2液型がおすすめとも言えるでしょう。

□最後に

今回は塗料の1液型と2液型についてご説明させていただきました。

水性や溶剤、様々な成分の塗料に加え1液型と2液型とありますのでいざ塗装するとなった際にどの塗料にするか頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

ですがご安心ください。そんなあなたのお力になれるのが私たちハウジングコートの職員一同です。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

 

Pocket