Pocket


外壁を水から守る方法は、塗装だけではありません。
構造によっては、水切りという設備が付いていますが、みなさんのご自宅ではどうでしょうか?
この部分は、塗装に限らず、施工の際に職人さんが必ず確認する箇所になりますから、重要度は高いと言えるでしょう。
今回は、そんな外壁の水切りに関するお話です。

外壁や住宅自体に水の侵入を防ぐための設備

ところで、みなさんは水切りと呼ばれる設備をご覧になったことはありますか?
実は、表面に大々的に見える物ではないので、じっくり見ないと分からない人もいるかもしれません。
普段利用している設備と比べると、あまり目立たないかもしれませんが、住宅の基礎部分や窓枠の下の方についていることがあります。

最近では、水切りもシート状の物等、複数のタイプが登場していますが、L字型のような金物が利用されていることもあるでしょう。
主な役割は、外壁、住宅内部への水の侵入を防ぐことにあります。
この設備がついていると、例えば、雨が降った時に雨水を住宅に入れることなく、そのまま流してくれますから、貯めこんでしまうことはないですよね。

住宅や外壁にとって、水が侵入し溜まってしまうということは、劣化の原因になってしまいますから、避けなければなりません。
塗料の性能で防ぐこともできますが、それだけでは足りない場合もありますよね。
土台等の接続部分に、ちょっとした隙間や部品を発見した時は、水切りなのかなと思って下さい。

中には、水切りがあるかないかによって、外壁材の工法が変わることがありますので、施工方法を左右する存在にもなるでしょう。

塗装によって長持ちさせることができる部分

様々な種類のある水切りですが、一般的な場合、金属製の部品を利用していることが多いため、ある悩みが付き物でしょう。
それは、サビです。
他の素材とは異なり、金属は最も水と相性が悪いですよね。
そのため、目立たない部分だからと言ってそのままにしてしまうと、本来の役割を果たすことが難しくなってしまうでしょう。

ですので、サビ止めの塗料で塗装をしてあげたり、その上から防水性の高い塗料で塗装してあげたりするのは、部品にとって良いことなのです。
例えば、水切り部分を屋根と同じカラーに合わせて、塗装をしてもらったという声もありますから、デザイン性を追求することもできますよね。
塗装範囲は、見える範囲だけでないのです。

まとめ

今回は、外壁における水切りの重要性と塗装について、ご説明しました。
素材そのままでいるよりも、塗装をした方が劣化の予防や部品の性能を高めることができるでしょう。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket