Pocket


現在、外壁材選びでサイディングが気になっているという人はいませんか?
サイディングというと、工事が簡単だというイメージがありますが、その作業は住まいの状況によって異なることもあるのです。
どのような作業をするのか知っておくと、より工事の内容が分かりますよね。
今回ご紹介する工法は、2つあります。

サイディングで使われる工法~①直貼り工法~

みなさんの中に、サイディングはすべて直接外壁に張り付けるものだと思っている人はいませんか?
直接外壁に張り付ける形を、”直貼り工法”と言います。
作業のやり方はイメージ通りですので、ほとんどの場合がこの工法で行っていると思いますよね。

ですが、この工法だと一つ大きな欠点が存在してしまうことをご存知でしょうか?
簡単に張り付けられるのは、職人さんにとっても楽に作業ができて良いと思いますよね。
実は、そのまま直接外壁に張り付けてしまうと、住宅の造りによっては湿気が溜まってしまう恐れがあるのです。

湿気が溜まってしまうと、結露が発生してしまうこともありますから、外壁材が水分を吸い込んでしまう可能性がありますよね。
また、塗装にとっても十分な効果を発揮できず、劣化の原因の1つになってしまうかもしれないでしょう。

また、塗装のみのメンテナンスがしにくい傾向がありますから、後から大変なことになったという事例も少なくありません。
そのため、すべての住宅でこの工法を行ってしまうと、かえって外壁にダメージを与えかねませんよね。
ですので、場合によっては次のような工法を取ることもあります。

サイディングで使われる工法~②通気工法~

外壁内で湿気が溜まってしまうのを防ぐために行う工法を、”通気工法”と言います。
簡単に言うと、外壁とサイディングの間に隙間を作ることによって、空気の通り道を作り出しますから、湿気が溜まってしまうことはありません。
住宅の中でも、空気の通りが悪いと湿ってしまいますが、外壁にも同じことが言えるでしょう。

また、あえて作られた隙間は、湿気を防ぐ以外の効果も発揮します。
それは、空気の流れができることによって、熱を溜めやすくなるという効果も得られますから、住環境にとってプラスになりますよね。

一言でサイディングと言っても、すべて同じ工法で行っているわけではありません。
お住まいの住宅がどのような工法になるのかは、外壁にとっても重要なポイントになりますよね。
外壁にとって、より良い状態になる工法を選ぶようにしましょう。

まとめ

外壁を大切に長持ちさせたい場合は、適切な工法を選択すべきです。
特に直貼りは、想定外のメンテナンスが発生しやすい傾向がありますから気をつけましょう。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket