Pocket


外壁に限らず、住宅の設備で塗装をした方が良い場所というのは複数あるものです。
その中に住宅の基礎部分も挙げられるのですが、ここまでは中々視点が向きづらいですよね。
きっと、基礎部分にまで塗装をする必要があるのかと、疑問に思う方も多いでしょう。
しかし、その基礎が意外と重要なのです!

外壁よりも雨水等の影響を受けやすい場所

みなさんは、住宅のどの部分が基礎にあたるのかを、確認してみたことはありますか?
ここは地面と住宅を繋いでいる、コンクリートの部分になります。
よく、住宅を建てる前に、土台作りの作業としてコンクリートで形作られている場面を見かけますよね。
これがなければ、安定した形で住宅を建てることはできませんから、とても重要な個所であることが分かるでしょう。

一見すると、この部分は塗装が必要ないように感じますが、意外と多くのダメージを受けているのです。
例えば、雨が降った際には、直接雨水が当たるだけでなく、地面から跳ね上がった水の影響を受けやすいですよね。
下手をすると、外壁以上にダメージを受けていると言っても、過言ではありません。
いくら丈夫に造られていたとしても、ダメージを受け続けていると、弱くなってきてしまうでしょう。

ですので、湿気や雨水に強い塗料で塗装し、保護してあげると、本来の性能を長持ちさせることができますよね。

基礎部分を塗装する際に知っておきたいこと

基礎部分の塗装をするとなると、外壁と同じ感覚で塗装の準備をすれば良いと思ってしまいがちです。
しかし、外壁と基礎部分は同じように考えてはいけません。
基礎の方が劣化しやすい傾向がありますので、塗料もその場所に見合った種類を選択していきましょう。

その理由は、ダメージを受けやすい箇所である他に、地面に密着している部分であることも関係しています。
地面に密着しているとなると、外側だけでなく、地面からも水分を吸い上げてしまいますから、劣化の原因となる要因が外壁と比べると違いますよね。
そのため、一般的な塗料よりも基礎専用の塗料を使用した方が、考えられるダメージに幅広く対応できると言えるでしょう。
基礎部分は、いつも住宅を支えている部分だからこそ、外壁と同じくらい労わってあげたいですね。

今まで基礎部分を気にしていなかった人は、外壁のメンテナンスの際に一緒に見てもらってはどうでしょうか?

まとめ

基礎部分は、住宅の中でもとても重要な場所になります。
しかし、内外から水分のダメージを受けやすい特徴がありますので、専用の塗料で塗装して痛みを少なくしましょう。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket