Pocket


古風な雰囲気の建造物は、塗装だけでなく、外壁材からこだわっているものもありますよね。
例えば砂壁は、見た目からも日本風のイメージを感じ取れるでしょう。
しかし一般的な素材とは異なるため、メンテナンスが少し大変そうな気がしませんか?
実際、砂壁のメンテナンスはどのように行っているのでしょうか?

メンテナンスのサインとなる状態は?

砂壁は、糊液と色砂を混ぜ合わせた塗り材で塗られた壁のことを言い、古風な家の壁に用いることが多いです。
もしかすると、みなさんの住宅にも使われている素材かもしれません。
古風な雰囲気を出すために、漆喰を使うこともありますが、砂壁もその一つになるでしょう。

これは昔からある素材ですので、湿度を調整したり、カビやダニの発生を抑えたりすることができるという特徴があります。
日本の気候に対応できる素材と言えますから、普及されている理由にも納得できるでしょう。
砂壁のメンテナンスのサインは、いたってシンプルです。

糊の密着力が低下してくると、壁から粉や砂が零れ落ちてきます、
これは、私たちが直接壁を触らなくても、自然と落ちてきますので、他の壁材と比べると分かりやすいサインになりますよね。
ですので、触って判断すると言うよりは、壁の周辺の状態を見て判断するということが求められるでしょう。

最も簡単なメンテナンスの方法は、やはり塗装!

砂壁が劣化してくると、一般的な壁材とは違い、もう一度塗り材の塗り直しをしなければならないと思ってしまいますよね。
そうなると、古い塗り材を取り除く作業等が必要になりますから、工事には数日時間がかかってしまい、大掛かりな工事になってしまうかもしれません。
意外と、メンテナンスは大変だなと思うかもしれませんが、もう少し簡単にできる方法があることをご存知でしょうか?

それは、塗装することになります。
塗装のみならば、壁全体の工事が必要なく、あくまでも塗装にかかる期間だけで済みますから、時間的にはとても短縮することができるでしょう。
また、塗料を効果の面から選択できれば、再び綺麗な壁を作ることも不可能ではありませんよね。

一方で、塗装をしてしまうと、砂壁本来の良い部分が塗装によって損なわれてしまいますから、湿度調整の効果等は失われてしまいます。
本来の効果を持続させたい、見た目を大事にしたいと思う場合は、塗り材を新しくする等の工事をした方が良いでしょう。
これからメンテナンスをどうしようか考えている人は、依頼する際の参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は、砂壁のメンテナンスをご紹介しました。
砂壁は大きな壁の工事が必要だと思われがちですが、塗装でもメンテナンスをすることが可能です。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket