Pocket

「塗料の寿命はどのくらい違うの?」
「おすすめの塗料はどれ?」
外壁塗装を検討している方で、寿命について詳しく知りたい方は多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、塗料の寿命についてご紹介します。
塗料の寿命を知ることで大体いつになったらもう一度外壁塗装をすべきか分かるため、とても重要です。
しっかりと読んでみてください。

 

□寿命

寿命は耐用年数のことで、塗料の種類によって大きく異なります。
アクリル系塗料は耐用年数が4~7年、フッ素系塗料は15年~20年と大きな差が出ます。
もちろん、耐用年数が長くなるほど価格も高くなります。
塗料には水性・油性の2種類が存在し、寿命が異なります。
同じメーカーや同じ種類の塗料でも、油性塗料の方が耐用年数は長いです。
しかし、耐用年数が長いからといってすぐに油性を選ぶべきではありません。
油性には臭いが強いといったデメリットがあるため、メリット・デメリットを比較して満足できる方を選びましょう。

 

□おすすめの塗料

耐用年数が長いからと言って、結果的に安く済むとは限りません。
耐用年数と価格の2つの要素で最終的な費用が決まります。
耐用年数が長い塗料は塗装の周期が長くなり、耐用年数が短い塗料は塗装の周期が短くなります。
外壁塗装は塗料だけでなく、足場費用、人件費がかかるため、短い周期の方が費用は高くなる傾向があります。
耐用年数、費用の両方にこだわる方にはシリコン系塗料とラジカル系塗料の2つがおすすめです。

*シリコン系塗料

耐用年数は8年~15年と長く、住宅の屋根や外壁塗装で最も使用されている塗料です。
特徴は、汚れやカビに強いことです。
光沢が強く、太陽光を反射しすぎるため注意が必要です。
使用率約70%と非常にシェアが大きく、取り扱っている業者が多いため信頼できる塗料と言えます。

*ラジカル系塗料

耐用年数は8年~15年と長く、比較的新しい塗料です。
価格はシリコン系塗料と同じくらいで、塗料全体では安い方です。
特徴は、外壁の劣化により表面に粉が発生するチョーキング現象を防ぎ、汚れを付きにくくする機能があることです。
取り扱っている業者が少ないため、注意が必要です。
どちらも長く持ち、比較的安いという特徴があります。

 

□まとめ

以上、塗料の寿命についてご紹介しました。
塗料によって寿命が大きく異なることがお分かりいただけたでしょうか。
今回の内容を参考にして、自分に合った塗料を選んでみてください。
当社では、福岡県にて外壁塗装を行っております。
福岡県在住の方で外壁塗装を検討している方は、一度当社までご連絡ください。

Pocket