Pocket


みなさんの中に、自宅の外壁や塀の模様を、前とは違った模様にしたいと考えている人はいませんか?
その場合は、外壁材や塗装の工法を違った形にしてもらう必要がありますよね。
特に、デザイン性の高い方法は、幅広い世代に人気があるでしょう。
今回は、多様な模様が再現できるスタンプ工法をご紹介したいと思います。

スタンプ工法はどのような工法なのかを知ろう

スタンプ工法とは、その名の通り、塗装の工程の中にスタンプで型をつけてから、塗装をする方法になります。
塗装をするまでの作業工程の中に、スタンプを押す工程がある作業は、今まで見たことがありませんよね。
スタンプは、私たちが日常で使っているよりも、とても大きなものになります。

スタンプの模様は、実に多様にあります。
例えば、レンガ調や石造り模様、木目を再現した形といったように、バリエーションが豊富であることが言えるでしょう。
塗装の技術で、これらの模様を再現することは難しいので、スタンプで再現できるとなると、職人さんの手間が少し減りますよね。

また、模様だけではなく、組み合わせる色によっては、完成した時の雰囲気も変わってきます。
そして、色合いには、他の塗装では観られない特徴があります。
それは、塗料をそのまま塗った形ではなく、陰影をつけた形で塗装をすることができますので、そのまま塗装をするよりも芸術性が高く見えるでしょう。
ですので、自宅の外観に模様だけではなく、色も含めて柔軟に対応できる方法になるかもしれません。

どのような場所での塗装がオススメなの?

スタンプ工法は、様々な個所の塗装に活躍します。
一般的な住宅の場合は、外壁に限らず、塀や土間コンクリートにも模様をつけることができます。
住宅の雰囲気に合わせて、他の外壁材や工法と比較しても良いかもしれません。

スタンプ工法をオススメしたいのは、一般住宅に限りません。
商業施設や店舗用の建物等、活用の場所は幅広くあるでしょう。
特に、お洒落なカフェや喫茶店には、雰囲気にマッチした模様が揃っていますので、塗装の際は検討してみると良いでしょう。
張り付ける外壁材に比べると、人の手で塗装をした感じがより出ます。

スタンプ工法の存在を知ると、職人さんは様々な道具を駆使して塗装をしてくれているということが分かりますよね。
今までとは違ったデザインの塗装を考えている人は、是非検討してみて下さい。

まとめ

今回は、スタンプ工法についてご紹介しました。
この工法は、大きな模様の型を使用し、その型をスタンプすることで模様をつけていきます。
模様の種類は、非常に豊富です。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket