Pocket


みなさんは、塗料を使っている時の様子を見たことはありますか?
使用されている樹脂や成分によって、使い方は変わってきますよね。
塗料には、それぞれ適切な使い方がありますので、中には塗装の場所を選ぶものもあるでしょう。
今回は、塗料の中でも2液型の塗料に注目し、その特徴やメリットをご紹介したいと思います。

2液型の塗料の特徴とは何か?

みなさんは、塗料にはそのままで使用できるものと、そうではないものがあることをご存知でしょうか?
今回は、2つの液体を混ぜてから塗装をする塗料、2液型をご紹介します。

2液型の塗料は、そのままで使用することはできません。
使用する前に、塗料本体に硬化剤を混ぜるという特徴があります。
2液型の塗料は、この作業をしなければ、塗料本来の効果を発揮することができません。
そのため、必要な成分を混ぜ合わせが必要になりますので、2液型という分類がなされているのです。

まずは、2液というのは、2つの液体を混ぜる部分からきていることが分かりましたよね。
これだけでは、塗料自体は濃い状態になりますので、必要に応じて、適宜シンナーや水を加えることが必要になるでしょう。
現在は多様な塗料がありますが、昔はこの形式の塗料がメインだったとも言われています。

一方で、2液型は一度混ぜてしまうと、一度で使い切らなければならないという特徴があります。
なぜなら、非常に塗料自体は固まりやすい性質がありますので、次の日に回して使うことができないからです。
この話を聞くと、ちょっと使いづらいのかなと感じる人もいますよね。
従って、このような面を解消した塗料が登場し、現在ではそれが一般的に普及されるようになったと言えるでしょう。

2液型の塗料を使用するメリットとは?

2液型の塗料は固まりやすいという特徴がありましたが、メリットにはどのような点が挙げられるのでしょうか?
主なメリットは、耐久性の高さや塗装で塗る場所を選ばないという点になります。

特に、塗料によってはある素材やある場所には、塗装が向いていないという商品がありますよね。
2液型の場合は、特にタブーとなるような場所はありませんので、幅広い箇所への塗装に対応できると言えるでしょう。
扱いづらいと思う要素もありますが、使う場面によっては心強い存在になります。

まとめ

今回は、2液型の塗料についてご紹介しました。
この塗料は使用する前に、必要な液体を混ぜ合わせる作業が必要ですが、高い耐久性と塗装場所を選ばないという特徴があります。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket