Pocket


みなさんは、自宅の玄関ドアの素材に、何を選んでいるでしょうか?
特に木製のドアは、住宅の外観を洋風にしたい人にとって、ピッタリの素材になるでしょう。
しかし金属製と比べると、木製のドアはメンテナンスが少し大変だということを、ご存知でしょうか?
今回は、木製の玄関ドアのメンテナンス事情についてご説明します。

木製ドアは「外壁」の扱いにはならない?

玄関のドアは塗装をするにあたって、住宅のどのような部分になるのでしょうか?
壁の場合は、当たり前ですが外壁になりますよね。
玄関ドアは、住宅の外観の部分になりますので、「外壁」の一部だと思うかもしれません。

しかし、玄関ドアは外壁ではなく、「家具」の一種の扱いになるのです。
私たちは、家具と聞くとタンスのような日常生活で使うのを思い浮かべますよね。
実は、ドアも家具と同じ分類がされるのです。
従って、塗装をするにあたり、職人さんの認識としては家具に塗装をするということになるでしょう。

意外にも家具の塗装は難しいので、できる業者さんは限られていることが多いです。
そのため、施工を依頼したい場合は、木製ドアの塗装ができるかどうかを確認してから、契約を進めると良いでしょう。
一般的な外壁の塗装とは、形式が少し違うということは覚えておきたいですね。

木製ドアは塗装に手間がかかるため、費用が高額になりやすい

木製ドアは、屋根材や外壁材と比べると、非常に劣化しやすいという特徴があります。
外壁とは違い、あくまで家の入口になりますので、そもそもの用途が違いますよね。
用途上の理由からは、耐候性等の耐久性はあまり求められていないと言えるでしょう。

そのため、塗料を塗り替えたり、細かな補修をしたりするとなると、外壁の塗装を行うより費用が高くつきます。
一般的には、木製ドア1枚あたり、5~15万円くらいかかりますので、結構な出費になることが予想できますよね。
さらに、費用が高くなりやすい理由には、塗装作業が非常に難しく、作業工程に時間がかかってしまうことも挙げられます。

失敗すると、確実に見栄えに響きます。
丁寧に作業をしなければ、失敗しやすい箇所だと言えるでしょう。
住宅全体の見栄えを第一にすることは良いのですが、メンテナンスにはある程度費用がかかることを想定して取り付けるようにしたいですね。

参考URL外壁塗装駆け込み寺
(https://gaiheki-kakekomi.com/home/entrance/?gclid=EAIaIQobChMIqPXN7qa35AIVD6qWCh2wFgQhEAMYASAAEgLmhvD_BwE)

まとめ

今回は、木製の玄関ドアのメンテナンス事情をご説明しました。
木製のドアは、塗装の分類上家具になり、慎重に作業をしなければならないことから、かかる費用も高額になります。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket