Pocket


みなさんは、一度自宅の屋根がどのような状況なのか、自分の目で確認したことはありますか?
素人でも、劣化している状態を判断することはできますが、中々屋根の上に上がって確認することはできませんよね。
最近は、ある道具を使って状態を確認している業者さんが増えています。
それは、ドローンです!

ドローンがあると、こんなに便利!

みなさんは、塗装業界の中で近年、ドローンを使った調査を行っていることをご存知でしょうか?
ドローンと聞くと、高所での撮影に使われることが多いですよね。
外壁塗装の場合は、屋根の状態を確認することに役立ちます。

塗装をする前に、屋根の状態を確認することは必須ですが、高所での作業になりますので、常に危険と隣り合わせですよね。
いつもベストな状態の時に、屋根に上れると良いのですが、そうはいきません。
例えば、雨上がりの日に、屋根が濡れた状態で確認をしなければならない時もあり得るでしょう。

このような状態で確認作業をするのは、職人さんも危険ですし、危なっかしい部分がありますよね。
しかし、ドローンを利用すると、危険に遭うことなく、屋根の状態を確認できます。
職人さんと一緒に、画像を見ながら状態のチェックができますので、不明な点も気軽に聞きやすいでしょう。

屋根のように高所の場所は、職人さんしか見ることができませんので、私たちから見ると新鮮に見えるかもしれません。
屋根の調査には、人の目で確認するよりも、ドローンを利用した方がたくさんのメリットがありますので、使用する会社は増加傾向にあります。

屋根の調査のためにドローンを飛ばすには、許可が必要

近年、私たちの周りでもドローンの操縦の仕方を教えたり、自分で飛ばしたりしている人を多く見かけますよね。
中には、やり方さえ分かれば、誰でも飛ばせるのではないかと思っている人もいるかもしれません。
しかし、ドローンには飛行許可がなければ、飛ばせない場所や条件があることを知っているでしょうか?

塗装業者で行っているドローンの調査は、すべて許可が必要になります。
そのため、調査を行っている業者さんには、必ず国土交通省から発行された許可証があり、きちんとした技術を提供できますのでご安心下さい。
きちんと許可が貰えている業者さんだと、調査を依頼しても、しっかりとした適切なアドバイスがもらえるでしょう。

まとめ

今回は、ドローンを使用した屋根調査についてご紹介しました。
弊社でもドローンによる屋根の調査・診断を行っていますので、気になる方はHPをご覧下さい。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket