Pocket

「福岡の新築に住んでいるが、外壁を長持ちさせる方法について知りたい!」
「外壁を長持ちさせるポイントや方法について詳しく解説してほしい!」
このようなことを考えている人はいませんか。
外壁を長持ちさせる方法を知って、外壁を劣化から守りたい方もいるでしょう。
今回は、福岡にお住まいの方のために、外壁を長持ちさせる方法について解説します。

□外壁はなぜ劣化するの?

外壁はなぜ劣化するのかについて詳しく解説します。

*紫外線

紫外線は、外壁の劣化を早めます。
同じ住宅でも外壁の位置によって、変色の度合いが違うのは、紫外線が原因です。
紫外線が当たらない場所と当たる場所では、2倍の劣化の違いがあると言われています。

*酸性雨

酸性雨によって、外壁の膜が溶けて、劣化が進みます。
特に都会であれば、酸性雨の濃度も濃くなるので、劣化が早い地域もあるでしょう。
そのような地域にお住いの方は、劣化に強い塗料を選ぶことをおすすめします。

*排気ガス

ほこりや排気ガスがついたままにしていると、劣化が早くなります。
新築であっても長期間放置していると、業者に聞いていた耐用年数よりも、早く劣化するので注意が必要です。

□外壁を長持ちさせる方法は?

外壁を長持ちさせる方法について詳しく解説します。

*耐用年数の長い塗料を選ぶ

外壁を長持ちさせるためには、耐用年数の長い塗料がおすすめです。
特にフッ素塗料といった塗料は、長持ちするのでよく使われています。
しかし、長持ちする塗料は、それだけ費用もかかるので、予算と相談しながら選んでください。

*こまめに洗浄する

どれだけいい外壁を選んでも、汚れたまま放置していると、耐久性が落ちます。
水で洗い流すだけでもいいので、最低月1回は洗うようにしましょう。
できれば、定期的に丁寧に洗浄することをおすすめします。

*いいシーリング材を選ぶ

シーリング材は、外壁のつなぎ目に使われています。
これによって、住宅全体の耐久性を上げてくれています。
シーリング材が劣化していると、外壁がもろくなります。
そのため、できるだけ耐久性のあるシーリング材を選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は、福岡にお住まいの方のために、外壁を長持ちさせる方法について解説しました。
外壁を長持ちさせるために、耐用年数の高い塗料やシーリング材を選ぶことをおすすめします。
また、外壁をこまめに洗浄することも大切です。
福岡で外壁について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Pocket