Pocket

「福岡で外壁塗装を考えているが、DIYで外壁塗装はできるの?」
「外壁塗装をDIYでやる際の注意点を知りたい!」
このようなことを考えている人はいませんか。
外壁塗装でDIYができるのか、注意点について知りたい方もいるでしょう。
今回は、外壁塗装を考えている方へ、DIYの注意点について解説します。

□外壁塗装の注意点は?

外壁塗装の注意点について解説します。

*塗料はどうやって選べばいいの?

「塗料はなるべく安い費用で済ませたい!」と考えている方もいるでしょう。
安い塗料を利用すると、その場だけは費用を抑えることができます。
しかし、劣化しやすい塗料を使うと、数年で塗り替える必要があります。
そのため、少し高い塗料にした方が、長期的に見ると安くなることがあります。
その場の費用だけを考えるのではなく、長期的にどちらが得なのか考えるようにしましょう。

*しっかりと洗浄をする

どれだけ丁寧に塗装をしても、塗装をする前に洗浄をしていないと、塗装がはがれやすくなります。
洗浄をするためには、高圧洗浄機といったものが必要になってくるので、業者に依頼した方が、コストパフォーマンスがいい場合もあります。
DIYで塗装する場合は、必ず洗浄をしっかりとして、汚れが残らないようにしましょう。
きれいに見える外壁も、見えない汚れがついていることがあるので、注意が必要です。

*下処理をする

外壁塗装をする前に、ひび割れがないか、よく確認するようにしましょう。
もし、ひび割れがある場合は、シーリング材で補修する必要があります。
外壁の補修をしないまま、塗装をするとひびは見えなくなりますが、住宅の強度が落ちてしまいます。
住宅を長持ちさせるためにも、必ず補修をするようにしましょう。

*足場を業者に依頼する

「足場を業者に依頼すると費用がかかるから、なるべく自分で建てたい!」と考えている方もいるでしょう。
しかし、自分で建てた足場は、不安定で事故が起きるかもしれません。
実際、プロの方も、足場からの落下が原因の事故が多いです。
そのため、自分で足場を建てて塗装をするのは避けるようにしましょう。
また、足場が必要な、大掛かりな塗装は業者に依頼するのをおすすめします。
DIYをしたい方は、なるべく小さいところからやってみるとよいでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装を考えている方へ、DIYの注意点について解説しました。
大掛かりな外壁塗装は、リスクも大きいので、業者に依頼してみてください。
また、外壁塗装について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Pocket