Pocket


太宰府市で有名なお菓子屋さんというと、老舗のお店から新しいお店まで選り取り見取りですよね。
その中でも、圧倒的品数を誇るのが梅園菓子処!
こちらは多くの名産品を取り扱っている有名店なのですが、おすすめ商品等はあるのでしょうか。
今回は、梅園菓子処にある名産品「梅守」についてご紹介したいと思います。

見た目は餡を挟んだお菓子

みなさんは、「梅守」という名前を聞くと、どのようなお菓子なのか、想像ができるでしょうか?
「梅の風味がするお菓子なのかな?」と、想像する人も多いでしょう。
しかし梅の名がついている所以は、味付けよりもむしろ、その優雅な雰囲気にあるのです。
梅守のルーツは、優雅さというイメージからきているという事です。
梅の花の模様が、焼き印としてお菓子についているのは、このような理由があってのことでしょう。

梅守は、餡子を麩焼きで挟んでおり、優しい触感がお菓子の特徴の1つになります。
また、模様が入っている麩焼きの面にはグラニュー糖がまぶしてあるのですが、これはどのような意味合いなのでしょうか?
実は、グラニュー糖は、雪をイメージしているのです。
つまり、まだ雪が残っている時期に梅の花が咲いている、という風景をお菓子で創造しているのです。
ちょっと洒落ていますよね!
みなさんにとっては、何気ないお菓子の1つかもしれませんが、風情があるなと感じられるでしょう。

ミニサイズの梅守も取り揃えております

梅守には、通常サイズと一回り小さいサイズの2種類があります。
大きさを比較すると、通常サイズは8.5㎝くらい、ミニサイズは少し小さい6㎝くらいの大きさになります。
基本的にお菓子に使用している素材には、ほとんど違いはありませんので、味に変わりはありません。

ですが、表面のグラニュー糖がミニサイズの場合だとまぶしていないという違いがありますので、梅守を買う時の参考にしてみて下さい。

通常サイズの梅守は、4個入りで税込み1641円、10個入りで税込み4050円になります。
一方で、ミニサイズの場合は、8個入りで税込み1538円、15個入りで税込み2796円になりますので、多くの人に配る場合はこちらがオススメです。
両方を食べ比べてみて、味のちょっとした違いを楽しんでみるのも良いですね。

梅園菓子処では今回ご紹介した他にも、本コラムで取り上げたうその餅も販売されています。
本当に、豊富なラインナップを兼ね備えた名店ですよね!

参考URL太宰府梅園菓子処
(http://www.dazaifu-baien.jp/products/umemori.html)

まとめ

今回は、梅園菓子処にある名産品「梅守」についてご紹介しました。
雪中の梅の花をイメージして作られた梅守は、通常の大きさだけではなくミニサイズも取り扱っています。
味はもちろんのこと、風情も一緒に楽しめる逸品ですよ!
太宰府市で外壁塗装業者を探している方は、是非、弊社ハウジングコートにご連絡下さい。
見積もりも無料で対応させて頂きますので、心よりお待ちしております。

Pocket