Pocket

「自分の持っているマンションの外壁塗装をしたい」
このようにお考えの方はいませんか?
どのような建物にも、経年による劣化はつきものです。
それは一般住宅に限らず、マンションやアパートなどの集合住宅にも言えることです。
劣化は仕方ありませんが、たくさんの人に住み続けてもらうマンションにするためにもきれいな外観を保ちたいですよね。
しかし、いざ外壁塗装をしてみようと思っても、一般住宅の外壁塗装と比べてどんな違いがあるのかわからず依頼に踏み切れない方は多くいます。
そこで今回は、マンションの外壁塗装は一般住宅の外壁塗装とどう違うのかについてお話します。

□外壁塗装の必要性

そもそも、どうして外壁を再び塗装する必要があるのでしょうか?
建築物はいつも、太陽光や風雨にさらされていて、新築時から時間が経つにつれて劣化していきます。
この劣化を放置しておくと、雨漏りや隙間風につながり、安全に暮らすことが難しくなってしまうのです。
また、外壁塗装をすることで見た目が良くなります。
誰かに住んでもらわなければマンションを運営することはできません。
運営するためには、見た目を良い状態を保つことで、住民の方に住みたいと思ってもらう必要があるのです。

□一般住宅の外壁塗装との違い

*準備

マンションを外壁塗装するとなると、その工事は大規模なものになります。
住民の方にも大きな影響が出る工事のため、工事の期間や時間帯、その細かい内容を周知してもらう必要があります。
張り紙で掲示するだけでなく、住民説明会を開いて説明を行うのがおすすめです。

*工事期間

一般住宅との一番の違いは、工事期間です。
一般的な住宅の外壁塗装工事は7日から14日ほどで終わることが多いです。
しかし、マンションの外壁塗装をする場合は工事が終わるまでに2、3ヶ月の時間を要します。
マンションの大きさによっては、さらにかかる可能性もあります。
学生の長期休暇やGWなど多くの人が休日であるタイミングで工事をしてしまうと、騒音やニオイについてのクレームが多くなるかもしれません。
どのタイミングで工事をするのか、検討することをおすすめします。

□まとめ

今回は、マンションの外壁塗装をする前に知っておきたい、一般住宅との違いについてご紹介しました。
外壁塗装によってキレイで安全な環境を保ち、住民の方により心地よく住み続けてもらえるようなマンションにしましょう。
福岡で外壁塗装をご検討されている方はいませんか?
当社では、プロの職人による丁寧な外壁塗装を福岡でも承っております。
いつでもお気軽にご相談ください。

Pocket