Pocket

「家の外壁を塗り直したいけれど、色の決め方がわからない」
このようにお悩みの方はいませんか?
長年住み続けていると、家の外壁は必ず劣化していきます。
そんな家のメンテナンスで外壁塗装するのはとても大切なことです。
同じ色を塗るのではなく、別の色に変えて気分を一新しようと考える方は多いです。
しかし一方で、どのように外壁の色を選べば良いのかわからず困っている方が多いのも事実です。
そこで今回は、外壁の色の決め方について詳しくご紹介します。

□色の決め方

*色の組み合わせを考えよう

色を決めていくには、まず屋根や窓の色との組み合わせから考えていくのがスムーズです。
窓や屋根が淡い色であれば外壁をそれよりも少し濃い色にしたり、逆に濃い色なのであれば外壁を薄い色にしたりするとバランスが良くなります。

*色見本を活用しよう

外壁塗装業者に相談すると、色見本をもらえることが多いです。
この色見本は塗料にどんな色があるのかを知ることができる便利なものです。
しかし、この色見本はそこまでサイズが大きいものではありません。
イメージと実際の色が大きく違ってしまわないように、実際に壁にあてて試してみたり、日の光の下で確認したりするようにしましょう。

*周囲の家の色を見てみよう

ご自宅の周囲にはどのようなカラーリングの家がありますか?
ご自宅以外にも目を向けてみることで、どのようなカラーリングが好ましいのか掴むことができます。
また、周辺の住宅の色味を把握することで、ご自宅だけ浮きすぎてしまうのを避けることもできます。

*カラーシミュレーションを利用してみよう

業者に相談する際、カラーシミュレーションを利用してくれる場合があります。
パソコンに家の画像を取り込み、専用のソフトで壁の色を変えた状態のイメージ画像を作ることができるのです。
完璧にこの画像通りになるわけではありませんが、色選びを迷っている人にとっては非常に参考になるツールです。

*面積に注意

色見本とは異なり、塗料を塗る実際の壁はとても広いです。
そのため、見本で見た時はイメージ通りだとしても、実際に塗ってみると違和感を覚えることもあります。
特にピンクやオレンジなどの暖色は膨張して見える傾向にあるため、注意しましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装をする際の色の決め方について詳しくお話ししました。
外壁の色を以前と違うものにすることで、長く住んできた家でも気分を新たに変えることができますよ。
福岡で外壁塗装をご検討されている方はいませんか?
当社では、プロによる丁寧な外壁塗装を福岡の太宰府でも承っております。
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

Pocket