Pocket


よく、デートに夜景を眺めにいくというカップルのみなさんも多いでしょう。
カップルでなくとも、近年は、工場の明かりや展望台から見える景色を楽しみたいという人も増えていますよね。
ところで、福岡市内に夜景の名所はあるのでしょうか?
今回は、福岡で有名な夜景スポット、福岡タワーについてご紹介したいと思います。

昼夜を問わず福岡を眺めることができる場所

福岡タワーは、今年で開業30年になります。
実は、観光スポットの中でも、年数的には意外に新しいと言えますよね。
もとは、福岡の市政が100周年を記念した際のモニュメントとして建設されましたが、今では立派な観光スポットになっています。

一番のポイントは、地上123mの高さから、福岡市内の風景を楽しめることです。
展望台からは、博多湾から市内の繁華街まで広く見下ろすことができるでしょう。
地上を歩いているだけでは、見えない風景が広がっていること間違いなしですね。

また、景色だけが福岡タワーの魅力ではありません。
恋人の聖地として、タワー内には恋人同士で思い出を作る展示があったり、グッズが販売されたりしています。
福岡タワーは家族連れでも楽しめますが、恋人同士ならより親密になれる場所ですよね。

特に夜は、昼間とは違った、よりロマンチックな雰囲気で観光を楽しめるでしょう。

博多駅からは意外に距離があるので移動の際は注意しよう

福岡タワーは、6月の最終週の月、火曜日が休館日になり、それ以外は午前9時30分から午後10時まで営業しています。
夜も少し遅い時間までは入れますので、ディナーの後に寄っていくこともできますよね。
最終入館は、午後9時30分になりますので、あまり遅くならないようにだけ気をつけましょう。
入館料は大人が800円、小中学生は500円になります。

自家用車で来た人は、専用の駐車場があり、タワー内の施設で1000円以上の利用があると、駐車料金が2時間までは無料になります。
通常の駐車料金は、時期によって変動しますので、事前に確認しておきましょう。
電車でお越しになる場合は、最寄り駅が西新駅になり、そこから歩いて20分になります。
少しタワーまで時間がかかりますので、駅からタクシーやバスを利用すると、楽に移動できるかもしれません。

博多駅からは、地下鉄だけではなくバスも出ていますが30分ほどかかりますので、タワーは中心地からは離れていると言えますよね。
観光の計画を立てる際は、移動の時間を踏まえて余裕をもつようにしましょう。

参考URL
福岡タワー(https://www.fukuokatower.co.jp/)

まとめ

今回は、福岡で有名な夜景スポット、福岡タワーについてご紹介しました。
福岡タワーは展望台から夜景を楽しむだけではなく、恋人たちにも人気の観光スポットになっています。
観光の思い出作りの場として、世代を問わずに楽しめるでしょう。
太宰府市で外壁塗装業者を探している方は、是非、弊社ハウジングコートにご連絡下さい。
見積もりも無料で対応させて頂きますので、心よりお待ちしております。

Pocket