Pocket


塗装が必要になるのは、住宅の人目につきやすい部分だけではありません。
みなさんがあまり気にしないような場所でも、塗装をしなければ住宅全体の劣化に繋がってしまう可能性があるのです。
中でも、軒天といわれる部分こそ、しっかりと塗装をする必要があるでしょう。
それは一体、何故でしょうか。

住宅の中で軒天はどのような場所なの?

みなさんは、屋根の裏側を見たことはありませんか?
今回ご紹介する軒天は、屋根の裏側を指す部分で、特に外壁よりも出っ張っている部分を指します。
みなさんの住宅でも、必ず軒天がありますので、一度屋根の裏側を覗いてみて下さい。

一見すると、軒天はただの出っ張りのように見えますが、きちんと役割があります。
1つは、屋根を構成しているパーツを隠してくれる役割があり、見た目を綺麗にしていると言えますよね。
多くの人の目につくような部分ではありませんが、屋根の中身が見えてしまっているのは見栄えがよくありません。

2つ目は、火事になってしまった時に、家に火が広がらないようにする役割があります。
ただカバーしているように見えますが、この役割を知ると、住宅にとって軒天は欠かせない存在になるでしょう。

メンテナンスを怠ってしまうと大変なことに

地味なパーツですが、軒天はみなさんの生活に欠かせない部分になります。
この部分が劣化してしまうと、快適な生活が送れなくなってしまいますので、最悪の場合大規模な施工が必要になるでしょう。
何よりも、雨漏りが発生する原因になりますので、早い段階で劣化を発見し、塗装をしたいですよね。

劣化しているサインは、見た目の塗装が分かりやすく剥げているだけではありません。
一番私たちが気をつけたいのは、しみが見られる場合になり、このような状態を発見した時は、すぐにでもメンテナンスの必要があります。
しみが見られるということは、実際に軒天に水が溜まっていることの証拠にもなるでしょう。
またしみが見られなくても、外側の部分にコケやカビが生えている場合は、水が溜まっていた影響で発生している可能性もありますので、見逃してはいけません。

劣化の悪化を防ぐためには、異変の早期発見がポイントになりますので、常に屋根周りの観察を心がけて下さいね。
住宅の要になる部分ですので、外壁と一緒にチェックしてあげると良いでしょう。

まとめ

今回は、軒天を塗装する重要性についてご説明しました。
外壁から屋根が出ている裏側の部分を軒天と言い、屋根の外観だけではなく、火事の際に火が広がってしまうのを防ぐ役割があります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket