Pocket


外壁をしっかりとメンテナンスすることは、外観だけではなく住環境を守ることにも繋がりますよね。
しかし年月が経つと、どうしてもひび割れ等の劣化が出てしまいます。
外壁にひびが入らないようにするために、事前にできることはないのでしょうか?
今回は、ひびの救世主である弾性塗料について、解説したいと思います。

ひびが入りやすい性質の外壁材をカバーする塗料

弾性塗料とは、一般的な塗料と違い、塗料を塗った後の膜が柔らかく、弾力性に優れているという性能があります。
素人の感覚では、どのくらいの弾力性であるのかの判断は難しいのですが、ゴムのような感覚があると思って下さい。
弾力性があるということは、外壁が伸縮する動きに対応できると言えますよね。

目には見えませんが、外壁は常に外からの影響で、膨らんだり縮んだりを繰り返していることを、みなさんは知っているでしょう。
そのため、ひびの入った外壁に改めて塗料を塗ったとしても、ひび割れを防ぐことはできず、悩んでいた人も多かったと思います。
今までは、塗料以外に別の施工を求められ、手間や費用がかかり大変だったのです。

しかし、弾性塗料の登場により、ひびの悪化を未然に防ぐことができるようになりましたので、画期的な塗料とも言えるでしょう。

優れている塗料だが、1つだけ注意~耐用年数の問題~

ここまでで、特にひびが入りやすい外壁の場合は、セットで弾性塗料を使用すると良いということが分りましたよね。
しかし、1つだけ塗料を利用するにあたり、注意点があるのです。
外壁の維持に関わる重要な部分になりますので、使用を考える際は絶対に忘れないようにして下さい。

それは、一般的な塗料と比べると、圧倒的に耐用年数が短いことで、長く効果が持ったとして5年程度と言われています。
他の塗料では、効果が10年程度持つ場合もありますので、半分近く年数が短いことが分りますよね。
塗料の効果が高い分、持続性はあまりないと思っておいて下さい。

そのため、塗料を選ぶ際は、発揮する効果と耐久年数のどちらを重視するのかを考えなければなりません。
もちろん、どちらを選ぶにしても、外壁の状態を見る必要がありますので、ひびがひどい場合は弾性塗料の使用を検討してみても良いでしょう。
このような塗料があることを知っているだけでも、良い塗料選びをするためには大切ですよね。

まとめ

今回は、ひびの救世主である弾性塗料について、解説しました。
この塗料は、弾力性の高い塗料でひび割れの悪化を防いでくれますが、弾力性に特化している分、その効果はあまり長続きしない特徴があります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket