Pocket

みなさんにとってお洒落な外壁というと、どのようなデザインをイメージしますか?
色彩やトーン等、その基準は人によって様々ですよね。
とりわけ近年では、色合いに注目して、外観に力を入れている人が多いといいます。
そこで今回は、外壁で失敗しないツートンカラーのポイントについて、解説したいと思います。

意外に多い色選びの失敗談とは?

最近では、単色で外壁を塗ってしまうよりも、ツートンカラーで塗装している人が多いですよね。
しかし、たった2色でも失敗してしまうことがあるのです。
それは一体、どのようなケースでしょうか?
これから塗装を考えている人は、是非、色彩選びの際の参考にしてみて下さい。

まずは、選んだ色がちぐはぐになってしまった場合です。
みなさんの中に、好きな色で塗装をしてもらいたいという人はいませんか?
有名人でも、自分のイメージカラーで外壁の塗装を行っている人がいますよね。

しかし、好きな色と言っても、あまりにもちぐはぐすぎる場合は避けた方が無難です。
そのため、ツートンカラーにする場合は、なるべく同じような色合いに合わせてあげた方が、見た目もよく、お洒落な雰囲気を作りやすいでしょう。
例えば、1色がベージュならば、もう1色はベージュ系等の色にするというのがベストになりますよね。

あまり奇抜すぎると、お洒落というイメージから離れてしまいますので注意しましょう。

塗り方も外観の大きなポイントに!

色が決まると、次に大切になるのはどのように塗っていくのかになります。
これには、2種類の方法があります。

まずは、色の塗り分けを縦にするのか、1階と2階ごとに分けて上下にするのかになります。
それぞれ、家をスマートに見せたり、広く見せたりする効果がありますので、外観のイメージに合った方を選びたいですね。
最近では、縦に塗っていく方法を選択する人が多いので、人気があると言えるでしょう。

次に、家のベランダ等にあるでっぱりの部分に色を分けて塗る方法があります。
この方法を使うと、外観に奥行きや立体感を表すことができますので、メリハリのついた印象にしたい人には向いているでしょう。

どちらの方法を取っても、色の組み合わせによって印象がまた変わってきますので、塗り方の選択も重要になります。
迷った時は、プロに見栄えの良い色の合わせ方を聞いてみると良いですね。
業者さんと相談しながら、お気に入りのやり方を探し出しましょう!

まとめ

今回は、外壁で失敗しないツートンカラーのポイントについて、解説しました。
色彩はなるべく同系色にするのが大事で、完成後をイメージし、適切なカラーバリエーションの中から選択していきましょう。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket