Pocket

みなさんは、塗装にどのような役割があるのか、ご存知でしょうか?
塗装は、私たちが快適な生活を送るために必要不可欠なものですよね。
また、外壁の性能を高めてくれる効果もありますので、塗装は大切な工程だと言えるでしょう。
本記事では、ALCパネルにおける塗装とその必要性について解説したいと思います。

そもそもどのような外壁なの?

外壁には多様な種類がありますが、今回ご紹介するALCパネルにはどのような特徴があるのでしょうか?
見た目を例えると、目の粗いスポンジのような、小さな穴が開いている壁だというと、想像しやすいかもしれません。
石造りっぽい雰囲気の住宅が良いなと、思っている人には向いている外壁素材の1つになるでしょう。

この外壁材は、私たちに馴染みのあるコンクリートと似ているのですが、明確な違いとして、素材の中に気泡が入っていることが大きな特徴になります。
気泡が入っているため、見た目の特徴に穴が開いていることにも納得できますよね。

通常のコンクリートと比較すると、外壁の素材自体が軽量であるため使いやすく、防火性や防音等の性能も高い特徴もあります。
そのため、一般的な住宅だけではなく、大きな商業施設にも使用されていることが多いでしょう。
分かりやすい使用例には、大きな音の出る新幹線のホームが挙げられますので、その効果も十分に期待できますよね。

塗装をすることでより高い性能になる

外壁だけでも高い性能があることが伺えますが、単独だけでは不十分なのです。
塗装をしっかりと行うことによって、より高い効果を発揮することができる外壁だと言えるでしょう。
ポイントは、外壁の見た目の特徴にある気泡になり、そこから水分が入ってしまうとどうなるでしょうか?

実は、多くの性能があるALCパネルですが、防水に関しては外壁自体の性能でカバーすることが難しいのです。
そのため、塗料を塗ることによって、性能をプラスしてあげる必要があるでしょう。
外壁の性能をより高めるためにも、塗装をすることは必須になると覚えておいて下さい。

また、他の外壁と同様ですが、少しでも劣化が見られた場合は、早めに手入れをしてあげることが重要になります。
せっかく性能の高い外壁でも、水分が入り込んでしまうと、外壁自体の劣化に繋がりかねません。
特に、ALCパネルは劣化の影響が他よりも顕著に出やすいですので、注意しましょう。

まとめ

今回は、ALCパネルにおける塗装とその必要性について解説しました。
こちらは、住宅以外にも使用されていることが多く、性能の高い外壁ですが、塗装によって防水性の効果を追加してあげる必要があります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket